2013年12月 第2週の映画ランキング

今週のランキングは、並み居る新作をおさえ『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』(東宝)が2週連続で1位を獲得!

集計日付:2013年12月14日~12月15日

 並み居る新作をおさえ『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』(東宝)が2週連続で1位を獲得。土日2日間の成績は動員40万8717人、興収4億7317万2850円をあげ、公開9日間で早くも動員120万人、興収14億円を突破した。

 鬼才アルフォンソ・キュアロン監督によるSF大作『ゼロ・グラビティ』(ワーナー)が2位に初登場。全国549スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員19万7006人、興収3億283万3000円をあげた。予期せぬ事故で無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間に放り出された2人の飛行士が決死のサバイバルを繰り広げる。オスカー俳優のサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが初共演を果たし、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像も見どころとなっている。また、第71回ゴールデングローブ賞の作品賞・主演女優賞含む4部門にノミネートされ、更なる動員の伸びが期待される。

 仮面ライダー同士の豪華共演を描いた“MOVI大戦”シリーズ第5作『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』(東映)が3位に初登場。全国284スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員19万6252人、興収2億2351万7750円をあげた。仮面ライダーウィザード編ではテレビシリーズの後日談が描かれ、仮面ライダー鎧武編ではライダーと戦国武将との一大バトル絵巻が繰り広げられる。

 4位に『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(東宝)が初登場。全国284スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員13万5797人、興収1億6400万8300円をあげた。幅広い世代の女性から圧倒的な支持を集める漫画家・青木琴美による、累計450万部を超える大ヒットコミックを映画化。音楽業界を舞台に、天才サウンドクリエイターの苦悩と切ない恋愛模様を描く。主演の佐藤健を筆頭に、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大ら若手俳優陣が共演し、ヒロインを5000人の中からオーディションで選ばれた期待の新人・大原櫻子が演じている。

 江戸時代に実在した、主君家族の食事をまかなう〝包丁侍〟とその妻の絆を描いた『武士の献立』(松竹)が7位にランクイン。12月7日より石川県で先行上映され、14日より全国261スクリーンで公開となり、土日2日間の成績は動員7万1494人、興収7982万5800円をあげた。出演は上戸彩、高良健吾、余貴美子、西田敏行、他。

最終更新日:2018-08-22 13:53:01

広告を非表示にするには