今週の映画ランキング

今週のランキングは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、恒例の春休みから公開が延期されていた『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(東宝)が、土日2日間で動員33万4000人、興収4億1300万円をあげ初登場1位を獲得!

集計日付:2020年8月8日~8月9日

 今週の動員ランキングは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、恒例の春休みから公開が延期されていた『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(東宝)が、土日2日間で動員33万4000人、興収4億1300万円をあげ初登場1位を獲得。初日から8月10日(月・祝)までの4日間の累計では動員63万人、興収7億6100万円を超える好スタートをきった。ドラえもん連載50周年記念作品である本作は、シリーズ最高興収53.7億円を打ち立てた「映画ドラえもん のび太の宝島」(2018)の脚本・川村元気、監督・今井一暁が再びタッグを組んだオリジナルストーリー。声の出演は水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ他おなじみのメンバーに加え、ゲスト声優として木村拓哉、渡辺直美が参加している。

  3週連続で首位を守ってきた『今日から俺は!!劇場版』(東宝)は、土日2日間で動員16万7000人、興収2億1800万円をあげ2位にランクイン。累計では動員262万人、興収33億円を突破した。2週連続2位だった『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(東宝)は、土日2日間で動員12万6000人、興収1億8000万円をあげ3位。累計では動員153万人、興収20億円を突破している。

  4位には新作『ぐらんぶる』(ワーナー)がランクイン。2018年にアニメ化もされた累計発行部数500万部突破の人気コミックを、竜星涼×犬飼貴丈の主演で実写映画化。共演は与田祐希、朝比奈彩、小倉優香ほか。監督は「ヒロイン失格」の英勉が務めている。

  5位も新作となり、2019年7月からTV放映されている「ウルトラマンタイガ」を映画化した『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』(松竹ODS事業室)が初登場。

 ほか新作では人気アイドルグループ「日向坂46」のドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』(TBSテレビ/キグー)が6位、日韓合同のアイドルグループ“IZ*ONE(アイズワン)”のコンサートフィルム『EYES ON ME:The Movie』(エイベックス・ピクチャーズ)が10位でスタートを切っている。『少女☆歌劇レヴュー・スタァライト 再生産総集編 ロンド・ロンド・ロンド』(ブシロード)は全国28スクリーンという小規模スタートながら、11位と健闘を見せた。

最終更新日:2020-08-12 13:04:03

広告を非表示にするには