今週の映画ランキング

今週のランキングは、『劇場版Fate/stay night Heaven's FeelⅡ. lost butterfly』(アニプレックス)が、動員27万7000人、興収4億9100万円をあげ初登場1位を飾った!

集計日付:2019年1月12日~2018年1月13日

 今週の映画動員ランキングは、『劇場版Fate/stay night Heaven's FeelⅡ. lost butterfly』(アニプレックス)が、動員27万7000人、興収4億9100万円をあげ初登場1位を飾った。第1章のオープニングと比較すると動員比で112%、興収比118%と、いずれも上回る好調なスタート。1月14日(月・祝)までの累計では、動員36万3000人、興収6億円を突破している。人気のPCゲーム「Fate/stay night」を3部作の劇場版アニメーション化した第2章で、劇場では1週目来場者特典プレゼントとして特製イラストボードが配られたほか、2017年に公開された第1章同様、劇場内でゲームアプリを起動すると1週目~4週目まで、週替わりでスマホに劇場来場者特典が送られるなどのキャンペーンが行われており、今後もゲームファンを中心に高稼働が見込まれる。監督は第1章に引き続き「空の境界」シリーズの須藤友徳、声の出演は杉山紀彰、下屋則子、神谷浩史ほか。

  2位は、土日2日間で動員27万2000人、興収3億9800万円をあげた『ボヘミアン・ラプソディ』(FOX)がキープ。1月14日(月・祝)までの累計では、動員683万人、興収94億円を突破し、92.3億円を記録した『劇場版コード・ブルー ?ドクターヘリ緊急救命-』(東宝)を抜いて2018年公開作品の興行収入1位となった。歴代興収ランキングでは39位まで順位をあげている。

  3週連続で首位に君臨していた『シュガー・ラッシュ:オンライン』(ディズニー)は、土日2日間で動員18万2000人、興収2億3200万円をあげ3位。累計では動員264万人、興収32億円を突破した。4位には『ドラゴンボール超 ブロリー』(東映)が、5位には『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(松竹)がそれぞれランクインしている。

  新作では『クリード 炎の宿敵』(ワーナー)が6位でスタートを切った。「ロッキー」シリーズを、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードの息子アドニスを主人公に新たに描いた「クリード チャンプを継ぐ男」の続編で、前作に引き続きアドニス役をマイケル・B・ジョーダンが演じる。ロッキー役で出演しているシルヴェスター・スタローンは脚本も担当、スティーヴン・ケイプル・Jr.が監督を務めた。

  ほか既存作品では7位の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(ワーナー)が累計興収63億円、9位の『アリー/ スター誕生』(ワーナー)が累計興収12億円を突破、10位の『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(東映)は、興収14億円目前に迫っている。

最終更新日:2019-01-16 13:57:13

広告を非表示にするには