2013年12月 第3週の映画ランキング

今週のランキングは、累計480万部を超える百田尚樹原作のベストセラー小説を映画化した『永遠の0』(東宝)が初登場1位を獲得!

集計日付:2013年12月21日~12月22日

 累計480万部を超える百田尚樹原作のベストセラー小説を映画化した『永遠の0』(東宝)が初登場1位を獲得。全国430スクリーンで公開され土日2日間の成績は動員42万9918人、興収5億4229万7100円をあげた。血縁上の祖父の存在を知った佐伯健太郎は、かつての戦友のもとを訪ね歩く中で、天才的な操縦技術を持ちながらも生還することのみに執着し、“海軍一の臆病者”と呼ばれた実の祖父・宮部久蔵の真実を知る。ゼロ戦パイロット・宮部久蔵を演じるのは岡田准一、宮部の謎に迫る佐伯健太郎を三浦春馬が演じる他、井上真央、濱田岳、新井浩文、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲など実力派の俳優陣が集結。監督を「ALLWAYS 三丁目の夕日」シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴監督が務める。

 4位に『プレーンズ』(ディズニー)が初登場。全国435スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員12万9043人、興収1億5494万9300円をあげた。ディズニー/ピクサーアニメ「カーズ」の世界観から舞台を大空へ移し、高所恐怖症のプロペラ飛行機・ダスティの勇気と冒険を描いたファンタジー・アドベンチャー。主人公・ダスティの日本語吹替を俳優の瑛太が務める他、井上芳雄、仲里依紗、山口智充ら個性豊かなキャストが集結。

 7位に『ウォーキング with ダイナソー』(FOX)が初登場。全国600スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員9万1492人、興収1億2065万3800円をあげた。一頭の小さなパキリノサウルスの壮大な旅と成長を、最新の3D技術で描く。日本語吹替のキャストに、とんねるずの木梨憲武と子役の鈴木福が参加している。

最終更新日:2018-08-22 14:09:53

広告を非表示にするには