REDリターンズ 作品情報

れっどりたーんず

超極秘任務を担ってきた元CIAエージェントのフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は、引退後、恋人のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)とともに憧れていたごく普通の生活を楽しんでいた。そこへ、元相棒のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が現れ、新たなミッションにしつこく誘う。全く乗り気じゃないフランクはこの誘いを断った矢先、マーヴィンの車が爆発。彼の葬儀に参列し悲しみに暮れる間もなく、フランクは突如FBI捜査官に連行される。ナイトシェードという計画について問いただされるが、フランクはシラを切る。そこへゴードン(ニール・マクドノー)ら特殊部隊がフランク抹殺のため襲撃を仕掛け、あわやというところを死んだはずのマーヴィンとサラに助けられる。米ソ冷戦時代に核爆弾の部品を密輸し現地モスクワで完成させるという計画・ナイトシェードについての機密文書が機密情報公開サイト、ウィキリークスにアップされたらしい。フランクとマーヴィンは当時ナイトシェード計画の責任者である物理学者エドワード・ベイリー博士(アンソニー・ホプキンス)の護衛にあたっていたが、博士は暗殺されてしまった。フランクとマーヴィンは行方不明の核爆弾を奪った容疑者として国際手配され、各国の諜報機関から狙われていた。英国諜報局MI6からも、韓国人の殺し屋ハン・チョパイ(イ・ビョンホン)と、2人のことをよく知るスナイパーのヴィクトリア(ヘレン・ミレン)のもとに命令が下る。フランクはかつて深い関係にあったロシア諜報機関のカーチャ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の協力を受け、MI6によるナイトシェード計画の報告書を入手。それによると、ベイリー博士は死んでおらず、25年にもわたり幽閉されているとのことだった。ロンドンに到着した一行は、彼らの無実を信じるヴィクトリアを仲間に加え、ベイリー博士を救出。しかし彼は認知症を患っている様子だった。MI6の隠ぺい工作に疑問を持ったフランクらは、今もどこかへ隠されている核爆弾を探しにモスクワへ向かう……。

「REDリターンズ」の解説

静かな引退生活を送る元CIAのスパイがかつての仲間とともに巨大な陰謀に立ち向かうアクション作品の続編。本作では失敗に終わった32年前のミッションに関する核爆弾の捜索に乗り出す。「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、「メッセージ そして、愛が残る」のジョン・マルコヴィッチ、「クィーン」のヘレン・ミレン、「ジェシー・ジェームズの暗殺」のメアリー=ルイーズ・パーカーが前作に引き続き出演するほか、「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンス、「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、「G.I.ジョー」のイ・ビョンホンが参戦。監督は「ディック&ジェーン 復讐は最高!」「ギャラクシー・クエスト」のディーン・パリソット。

大ヒットした前作に引き続き、CIAを引退した伝説のエージェントたちの活躍を描いたアクション大作。小型核爆弾を奪った容疑者として国際指名手配をされたフランクとマーヴィンは、疑いを晴らしこの事件の黒幕を突き止めるべくヨーロッパへ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年11月30日
キャスト 監督ディーン・パリソット
出演ブルース・ウィリス ジョン・マルコヴィッチ メアリー=ルイーズ・パーカー アンソニー・ホプキンス ヘレン・ミレン キャサリン・ゼタ=ジョーンズ イ・ビョンホン ブライアン・コックス ニール・マクドノー デビッド・シューリス スティーヴン・バーコフ ティム・ピゴット=スミス ギャリック・ヘイゴン
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国 アメリカ(2013)
上映時間 116分
TV放映 2024年7月26日 テレビ東京 午後のロードショー

(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-02-12

続編ということで、前作よりもテンポがよく、かなり観やすくなっていました。傑作というわけではないが、ジャンルムービーとして大満足の作品でした。

最終更新日:2024-05-28 10:51:32

広告を非表示にするには