いのちの停車場 作品情報

いのちのていしゃば

感涙のいのちと家族の物語

いのちの停車場のイメージ画像1
いのちの停車場のイメージ画像2

東京の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。

「いのちの停車場」の解説

都内の終末期医療専門病院に勤務し、命の終わりを真摯に見つめる現役医師でありながら、作家として「サイレント・ブレス」「ディア・ペイシェント」を世に送り出した南杏子の同名作を映画化。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族を描く。主人公の在宅医療を行う医師・咲和子を演じるのは、日本を代表する女優である吉永小百合。吉永を支える共演陣として、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行をはじめ石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらが出演。監督は『八日目の蝉』『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』の成島出。(作品資料より)

いのちの停車場のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年5月21日
キャスト 監督成島出
原作南杏子
出演吉永小百合 松坂桃李 広瀬すず 南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる 石田ゆり子 田中泯 西田敏行
配給 東映
制作国 日本(2021)
公式サイト https://teisha-ba.jp/

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.67点★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「ヒッチコック大ファン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-06-17

感動的な作品。妻と二人で泣きました。やはり、スタッフ・キャストの作品に対する熱意が伝わってきます。ラストシーンに描かれる人生の重いテーマも、見ている人それぞれが受け止めることのできるすばらしいエンディングになっています。吉永小百合、田中泯、松坂桃李の好演と金沢の情緒を引き出す演出が光ります。

最終更新日:2021-06-24 00:30:08

広告を非表示にするには