2021年5月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、『いのちの停車場』(東映)が土日2日間で動員13万5000人、興収1億4800万円をあげ初登場1位を獲得した!

集計日付:2021年5月22日~5月23日

 今週の動員ランキングは、『いのちの停車場』(東映)が土日2日間で動員13万5000人、興収1億4800万円をあげ初登場1位を獲得した。現役医師による同名医療小説を、映画出演作122本目にして初の医師役に挑戦した国民的女優・吉永小百合の主演、吉永と初共演となる松坂桃李、広瀬すずの他、ベテラン西田敏行ら豪華キャストで実写映画化。監督は「ソロモンの偽証」の成島出。

  先週首位でスタートを切った『美しき誘惑 現代の「画皮」』(日活)はワンランクダウンの2位。

  3位には土日2日間で動員8万7000人、興収1億1900万円をあげた『地獄の花園』(ワーナー)が初登場。日本中のOLが裏で派閥抗争を繰り広げるという奇想天外な物語を、お笑い界の鬼才・バカリズムによるオリジナル脚本、Perfume、サカナクション、星野源ら人気ミュージシャンのMVを手掛けてきた関和亮のメガホンで描く。出演は永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒ほか。

  この他新作では、三池崇史が総監督を務める特撮TVドラマシリーズ「ガールズ×戦士シリーズ」第4弾『劇場版 ポリスx戦士 ラブパトリーナ! 怪盗からの挑戦! ラブでパパッとタイホせよ!』(KADOKAWA/イオンエンターテイメント)が9位でスタートを切っている。

  既存作品では、8位の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(東宝/アニプレックス)が、遂に累計興収400億円を突破するという偉業を成し遂げた。昨年10月16日の公開から32週間トップ10に留まり続け、昨日までの累計で動員2,896万6,806人、興行収入400億1694万2050円を記録。さらに、その人気は日本国内にとどまらず、現在アメリカ、台湾、香港、オーストラリア、中南米など45の国と地域で上映され、日本を含めた全世界での累計来場者数は約4135万人、総興行収入は約517 億円に及ぶと発表された。

  ほか既存作品では、4位の『るろうに剣心 最終章 The Final』(ワーナー)が累計で動員208万人、興収29億円、5位の『名探偵コナン 緋色の弾丸』(東宝)が動員457万人、興収64億円を突破。6位の『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(東宝/東映/カラー)は、累計で動員559万人、興収85.4億円を突破し、現在、歴代興収ランキング64位まで順位を上げている。

最終更新日:2021-06-01 15:30:02

広告を非表示にするには