2022年4月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、『SING/シング:ネクストステージ』(東宝東和)が、土日2日間で動員19万2000人、興収2億5300万円をあげ3週連続の首位を獲得した!

集計日付:2022年4月2日~4月3日

 今週の動員ランキングは、『SING/シング:ネクストステージ』(東宝東和)が、土日2日間で動員19万2000人、興収2億5300万円をあげ3週連続の首位を獲得した。累計では動員169万人、興収21億円を突破している。

  先週2位でスタートを切った『映画 おそ松さん』(東宝)は、土日2日間で動員14万4000人、興収2億1300万円をあげその順位をキープ。累計では動員75万人、興収10億円を突破した。

  公開から5週目を迎えた『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』(東宝)も土日2日間で動員12万人、興収1億4900万円をあげ3位に留まった。累計では動員178万人、興収21億円を突破。1位から3位は先週と同様の結果となっている。

  4位には、土日2日間で動員10万1000人、興収1億6100万円をあげた新作『モービウス』(ソニー)がランクイン。初日から3日間の累計では、動員16万6000人、興収2億4300万円をあげる好スタートを切った。マーベル・コミックでスパイダーマンの宿敵として描かれているヴィラン・モービウスを、徹底した役作りで知られるアカデミー賞受賞俳優のジャレッド・レトが演じるダーク・アクション。共演はマット・スミス、アドリア・アルホナほか。監督は「ライフ」「チャイルド44 森に消えた子供たち」のダニエル・エスピノーサ。

  他新作では、『東西ジャニーズJr.ぼくらのサバイバルウォーズ』(松竹)が9位に初登場。東西のジャニーズJr.人気グループ「少年忍者」と「Lil かんさい」が映画初主演を務めた完全オリジナルストーリーの青春アドベンチャー。「下町ロケット」「半沢直樹」など多くの人気ドラマを手掛けてきた丑尾健太郎が脚本を担当。「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」「愛唄 約束のナクヒト」の川村泰祐が監督を務めている。

  既存作品では、先週再ランクインを果たし、今週6位まで順位を上げてきた『ドライブ・マイ・カー』(ビターズ・エンド)が、累計で動員80万人、興収10億円を突破。7位の『劇場版 呪術廻戦 0』(東宝)は、累計で動員950万人、興収133億2000万円を突破。最終興収133.7億円をあげ歴代興収18位の「アナと雪の女王2」まであと少しと迫っている。8位の『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(ワーナー)は累計で、動員70万人、興収10億円を突破した。

  TVアニメ「オッドタクシー」の劇場版『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』(アスミック・エース)は10位でスタートを切っている。

最終更新日:2022-04-12 13:35:22

広告を非表示にするには