男はつらいよ お帰り 寅さん 作品情報

おとこはつらいよおかえりとらさん

シリーズ開始から50周年、50作目の集大成

男はつらいよ お帰り 寅さんのイメージ画像1
男はつらいよ お帰り 寅さんのイメージ画像2

諏訪満男は小説家になった。中学3年生の娘と二人で暮らしている。最近作は好評だが、次回作の執筆ははかどらない。最近、夢の中に初恋の人・イズミが現れるなど悩みは尽きない。そんな折、満男は妻の七回忌の法要で柴又の実家を訪れる。柴又の帝釈天の参道にあった「くるまや」はカフェに生まれ変わっていた。法事のあと、母・さくら、父・博たちと昔話に花が咲く。そして寅さんたちとの楽しかった日々を思い出す…。

「男はつらいよ お帰り 寅さん」の解説

国民的人気を誇った山田洋次監督による『男はつらいよ』シリーズ。1969年に第1作が公開されてから、今年がちょうど50年目。そして本作が22年ぶりとなる第50作。物語の“進行役”は、今は小説家になった甥の満男。最新作のサイン会で、初恋の人で一度は結婚の約束までした女性・イズミの姿を見つける…。倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らレギュラー陣に加え、イズミを演じる後藤久美子、寅さんの永遠の恋人リリー役の浅丘ルリ子らが顔を揃える。寅さん(渥美清)の姿は回想シーンの中に登場。満男の視点から、伯父さんから学んだ事の大切さを今にして思い返しながら、追憶と回想が展開していく。50作目のシリーズ集大成と言っても過言ではないだろう。

男はつらいよ お帰り 寅さんのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月27日
キャスト 監督・原作山田洋次
出演渥美清 倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子 美保純 佐藤蛾次郎 桜田ひより 北山雅康 立川志らく 小林稔侍 笹野高史 橋爪功
配給 松竹
制作国 日本(2019)
上映時間 116分
公式サイト https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/movie50/

(C)2019松竹株式会社

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.89点★★★☆、29件の投稿があります。

P.N.「sazanami」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-01-24

作品を拝見して一番感じたのは「歳月」ということ。過去のマドンナやシリーズ初めの頃の寅さんの若々しい姿が切なくて、胸に迫りました。長い年月に亘って製作し続けられてきた寅さんシリーズでしかなしえない構成、演出ですね。本編のストーリー以上に、スクーリーンの中でいきいきと役を演じる今は亡き名優たちの姿に涙が止まりませんでした。人は誰もが老いて、そして必ず死んでいくんですね。生きている間はできるだけ人に親切にしたいなぁ、世の中に少しでも良いことをして生きていたいなぁと思いました。

最終更新日:2020-01-29 16:00:07

広告を非表示にするには