ミッシング(2024) 作品情報

みっしんぐ

ミッシング(2024)のイメージ画像1
ミッシング(2024)のイメージ画像2

とある街で幼女の失踪事件が起きる。あらゆる手を尽くしても見つからないまま、3カ月が過ぎる。母・沙織里(石原さとみ)は娘・美羽(有田麗未)の帰りを待ち続けていたが、少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦り、夫・豊(青木崇高)との温度差から夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田(中村倫也)だけが頼りだった。そんななか、娘の失踪時、沙織里が推しのアイドルのライブに行っていたことが知られ、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷を受けるようになる。世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けた沙織里は、次第に過剰な言動を繰り返し、心を失っていく。一方、局上層部の意向で、砂田は視聴率獲得のために、沙織里やその弟・圭吾(森優作)に対し、世間の関心を煽るような取材をするよう指示される。それでも沙織里は、娘に会いたいという一心で世の中にすがり続けるが……。

「ミッシング(2024)」の解説

「そして、バトンは渡された」の石原さとみ主演、「空白」の吉田恵輔監督・脚本で描く、幼女失踪事件に端を発した喪失と再生のヒューマンドラマ。失踪した娘・美羽の帰りを待ち続ける母・沙織里はあることがきっかけで、ネット上で誹謗中傷の標的となってしまう。出演は「宇宙人のあいつ」の中村倫也、「ゴジラ-1.0」の青木崇高、「ある殺人、落葉のころに」の森優作。

ミッシング(2024)のイメージ画像2

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月17日
キャスト 監督吉田恵輔
出演石原さとみ 青木崇高 森優作 小野花梨 細川岳 有田麗未 小松和重 カトウシンスケ 山本直寛 柳憂怜 美保純 中村倫也
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2024)
上映時間 118分
公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/missing/

(C)2024「missing」Film Partners

ミッシング(2024)のロケ地

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.25点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「bogi」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2024-06-07

ほぼ同世代の平仮名三女優、はるか、まさみ、さとみ。
迫力の点でやや遅れをとっていたが、本作で追いついたかも。
終盤に纏まりがつかなくなりつつあったが、ラストシーンで締めた。

最終更新日:2024-06-19 16:45:39

広告を非表示にするには