PLAN75 作品情報

ぷらんななじゅうご

PLAN75のイメージ画像1
PLAN75のイメージ画像2

世界の中でも速いスピードで高齢化が進んだ日本では、超高齢化社会に対応すべく、75歳以上の高齢者が自ら死を選び、それを国が支援する制度“プラン75”が施行されることになった。制度の運用が始まってから3年。“プラン75”を推進する様々な民間サービスも生まれ、高齢者の間では“自分たちが早く死ぬことで国に貢献すべき”という風潮がにわかに広がりつつあった。78歳の角谷ミチ(倍賞千恵子)は、夫と死別後、ホテルの客室清掃の仕事をしながら長年、独り暮らしを続けてきた。市役所の“プラン75”申請窓口で働く岡部ヒロム(磯村勇斗)や申請者のサポート業務を担当する成宮瑶子(河合優実)は、国が作った制度に対して何の疑問も抱かず、日々業務に邁進していた。また、フィリピンから出稼ぎに来ていたマリア(ステファニー・アリアン)は高待遇の職を求め、“プラン75”関連施設での仕事を斡旋される。そんなある日、ミチは職場から高齢を理由に退職を余儀なくされる。職を失い、住む場所さえ失いそうになったミチは、“プラン75”の申請手続きを行うか考え始める……。

「PLAN75」の解説

是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス「十年 Ten Years Japan」の一編を元に、出演者を一新した早川千絵の初長編。超高齢化社会に対応して日本政府が導入した75歳以上の高齢者が自ら死を選ぶ制度“プラン75”に翻弄される人々の物語。出演は「男はつらいよ お帰り 寅さん」の倍賞千恵子、「ヤクザと家族 The Family」の磯村勇斗、「サマーフィルムにのって」の河合優実。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年6月17日
キャスト 監督早川千絵
出演倍賞千恵子 磯村勇斗 たかお鷹 河合優実 ステファニー・アリアン 大方斐紗子 串田和美
配給 ハピネットファントム・スタジオ
制作国 日本(2022)
上映時間 112分
公式サイト https://happinet-phantom.com/plan75/

(C)2022『PLAN75』製作委員会 / Urban Factory / Fusee

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:3.78点★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「ヒマなシニア」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2022-07-07

身近に迫った重たいテーマの作品でしたね。特に70歳くらいの人間にとって自分達と同世代以上の年齢の人達の人口が他の世代の人達より圧倒的に多いのは中学生・高校生の頃から意識していました。まだ若くて働けるうちは良くても、いずれ年を取って働けなくなった時に次の世代から疎まれて強制安楽死の時代が来ることを密かに恐れていましたが、ついに来るべき未来がすぐそこまで来ていることを感じさせる映画でした。実際SNSの世界では世代間の争いを煽るコメンテーターは多く。こういった法案を実際に提出しそうな新興政党やこのようなプランを民間で請負いそうな企業も少なからず見受けられるのは事実です。何十年も前からこうなることは分かり切っていた事ですが、何かこれが解決案のたたき台にされることが無いように心から祈るばかりです。この映画の画像が大変綺麗で精緻であったことが尚更リアル感を際立たせていました。

最終更新日:2022-08-13 02:00:02

広告を非表示にするには