ボブ・マーリー:ONE LOVE 作品情報

ぼぶまーりーわんらぶ

ボブ・マーリー:ONE LOVEのイメージ画像1
ボブ・マーリー:ONE LOVEのイメージ画像2

1976年、カリブ海の小国ジャマイカ。独立後の混乱から政情が安定せず、二大政党の対立により国民は分断されていた。30歳にしてすでに国民的アーティストになっていたボブ・マーリー(キングズリー・ベン=アディル)は、彼の人気を利用しようとする国内の政治闘争に巻き込まれ、同年12月3日、暗殺未遂事件が起こる。その2日後、ボブは怪我をおして、その後伝説となった『スマイル・ジャマイカ・コンサート』のステージに立つ。しかし、身の危険からすぐにロンドンに逃れ、タイム誌に「20世紀最高の名盤」と評されるアルバム『エクソダス』を制作。ヨーロッパ主要都市を周るライブツアーを敢行する。ボブはローリング・ストーンズやザ・クラッシュと肩を並べ、世界的セレブリティの階段を駆け上がるが、母国ジャマイカの政治情勢はさらに不安定になり、内戦の危機が迫っていた。深く傷ついたジャマイカを癒し、内戦を止められるのは、アーティストであり国民的英雄であるボブだけだった……。

「ボブ・マーリー:ONE LOVE」の解説

ジャマイカの国民的ミュージシャン、ボブ・マーリーの伝記ドラマ。1976年、ジャマイカは二大政党の対立により国民は分断されていた。30歳ですでに国民的アーティストになっていたボブ・マーリーは、国内の政治闘争に巻き込まれ、暗殺未遂事件が起こる。監督は、「ドリームプラン」のレイナルド・マーカス・グリーン。出演は、ドラマ『あの夜、マイアミで』のキングズリー・ベン=アディル、「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のラシャーナ・リンチ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年5月17日
キャスト 監督レイナルド・マーカス・グリーン
出演キングズリー・ベン=アディル ラシャーナ・リンチ ジェームズ・ノートン トシン・コール アンソニー・ウェルシュ マイケル・ガンドルフィーニ ウミ・マイヤーズ ナディーン・マーシャル
配給 東和ピクチャーズ
制作国 アメリカ(2024)
年齢制限 PG-12
上映時間 107分
公式サイト https://bobmarley-onelove.jp/

(C) 2024 PARAMOUNT PICTURES

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「iRie」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-06-08

私はレゲエも彼も大好きなので大満足。
英仏初日ボヘミアンラプソディー超えとの触れ込みでしたが私は正直日本ではあまり成功しないだろうと思ってしまいました。

ジャマイカの情勢やラスタ信仰の要素が割と多くて日本人にはよく理解できないだろうし、その分娯楽的要素が少なめ。
英仏米で大ヒットだったのは黒人層の支持も多かったのでは?アフリカからアメリカに連れ去られ生きるために戦った祖先のことを歌った彼を愛する欧米の黒人は多いと思います。

ボヘミアンラプソディーは日本にも7%位を占めるとされているLGBT層にも支持を得たはずです。フレディーのことを知らなかったLGBTの方々も多く劇場に足を運んだのでは?

が、妻以外の多くの女性がボブの子を産んでいますがこの映画では妻との恋愛だけ、多少ゴシップ的要素がある方が大衆受けするのでは?

彼の妻とその長男の監修でこのような内容になったのでは?興行収入よりも大切にしたかったことがあった、
やっぱり金銭欲は無く愛と平和を訴え続けたボブの家族ですね。私は感動で後半泣きっぱなしでした。

最終更新日:2024-06-19 16:45:39

広告を非表示にするには