去年の冬、きみと別れ 作品情報

きょねんのふゆきみとわかれ

男は愛する女性を殺した犯人に復讐を誓った

去年の冬、きみと別れのイメージ画像1
去年の冬、きみと別れのイメージ画像2

撮影中にモデルの女性を焼死させ逮捕されたカメラマンの木原坂雄大は保護責任者遺棄致死罪で執行猶予がつき釈放された。若手記者の耶雲恭介はこの木原坂に目をつけ、「週刊文詠」に事件の真相を暴く書籍企画を持ち込む。耶雲を担当することとなったデスクの小林良樹は耶雲の行き過ぎた取材を諌めるが、耶雲はどんどん取材にのめり込んでいく。そんなある日、耶雲の婚約者・百合子が木原坂にモデルとしてスカウトされ、そのまま行方不明になってしまう。

「去年の冬、きみと別れ」の解説

「教団X」の中村文則の原作小説を『グラスホッパー』の瀧本智行監督が映画化。あるカメラマンが引き起こした事件をきっかけに、事件を追う記者、そして加害者や関係者たちが入り乱れながら、事件の真相が明らかになるサスペンスだ。作品の中心人物である事件記者を演じた岩田剛典は、これまでの優しげなイメージから脱却し、鬼気迫る演技を見せている。映画が進むに連れて変わっていく斎藤工、北村一輝の変化や、山本美月、土村芳ら女性陣の好演も見逃せない。手紙や事件に関する証言などを交えて構成された原作小説は映像化不可能と言われていたが、脚本を手がけた大石哲也、瀧本智行監督らは、見事にサスペンス映画として成立させてみせた。

去年の冬、きみと別れのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月10日
キャスト 監督瀧本智行
原作中村文則
出演岩田剛典 山本美月 斎藤工 浅見れいな 北村一輝 土村芳
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2018)
上映時間 119分
公式サイト http://fuyu-kimi.jp/

(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、20件の投稿があります。

P.N.「恵」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-25

4月26日で終わりかな?すごく淋しい。じゃあ4月26日に早起きして最後に見に行って来ようかな。本当にこんなにはまったのは、初めてです。がんちゃんの迫真の演技がすごくて何回も見たくなります。同じ映画を5回も見たのは、初めてです。今私の楽しみは、がんちゃんのテレビと映画を見ることです。最近痩せちゃったみたいで心配です。いっぱい食べてもっとふっくらして欲しいです。がんちゃんは、いつもカッコイイから大好きです?


レビューを投稿する

「去年の冬、きみと別れ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-19 17:05:06

広告を非表示にするには