2018年1月 第2週の映画ランキング

今週のランキングは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(ディズニー)が、土日2日間で動員14万2000人、興収2億700万円をあげ5週連続の1位を達成し、冬休みが終了しても快進撃が止まらない!

集計日付:2018年1月13日~1月14日

 今週の映画動員ランキングは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(ディズニー)が、土日2日間で動員14万2000人、興収2億700万円をあげ5週連続の1位を達成し、冬休みが終了しても快進撃が止まらない。全世界興収は12億6494万ドル(約1390億円)を超え、昨年の大ヒット作「美女と野獣」を抜き歴代10位となった。また、日本での累計興収は65億円を突破、歴代興収ランキングTOP100位内にランクインしている。

  2週目を迎えた『キングスマン:ゴールデン・サークル』(フォックス)は、土日2日間で動員13万7000人、興収1億9300万円を上げ先週に引き続き2位をキープ。週末の興行ではスター・ウォーズにかなわないものの、平日の興行ではスター・ウォーズを超える日も多く、累計興収は間もなく10億円に届く勢いだ。

  3位には『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹)が、土日2日間で動員9万3000人、興収1億1800万円をあげ、先週の4位からワンランクアップ。4位の『DESTINY 鎌倉ものがたり』(東宝)は、土日2日間で動員8万9000人、興収1億1300万円をあげワンランクダウンながら、累計興収は27億円に迫る。5位には映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(東宝)がランクインした。

  新作の『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』(東映)は、土日2日間で動員5万4000人、興収8700万円をあげ、6位のスタートとなった。パイロットが巨大ロボットに乗り込み戦うという、それまでにないアイデアで日本のみならず海外でも大ヒットした永井豪原作のTVアニメが、40年以上の時を経て映画化。TV版から10年後の世界を舞台に、謎の復活を遂げた悪の天才科学者Dr.ヘルとスーパーロボット“マジンガーZ”の新たな戦いを描く。監督は「プリキュア」シリーズで6作品もの劇場版監督を務めてきた志水淳児。声の出演は、森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、関俊彦ら。

  『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ』(アスミック・エース)は、7位に初登場。「レオン」、「LUCY/ルーシー」などの監督で知られるリュック・ベッソンが原案、脚本、製作を務め、敵陣の湖底に沈むナチスの金塊をタイムリミット8時間で運び出そうとするネイビーシールズチームを描くアクション・アドベンチャー。監督は「イントゥ・ザ・ストーム」で注目のスティーヴン・クォーレ。出演はサリバン・ステイプルトン、チャーリー・ビューリー、シルヴィア・フークス。

  今週10位にランクインし6週連続のトップ10入りとなった『オリエント急行殺人事件』(FOX)は、累計興収15億円を突破している。

最終更新日:2018-08-22 13:59:59

広告を非表示にするには