2013年11月 第5週の映画ランキング

今週のランキングは、戸田恵梨香&加瀬亮主演ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」のシリーズ完結編となる劇場版2部作の後編『劇場版 SPEC-結-爻ノ篇』(東宝)が初登場1位を獲得!

集計日付:2013年11月30日~12月1日

 戸田恵梨香&加瀬亮主演ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」のシリーズ完結編となる劇場版2部作の後編『劇場版 SPEC-結-爻ノ篇』(東宝)が初登場1位を獲得。全国290スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員39万3522人、興収4億3854万7100円をあげ、大ヒットスタート。10代、20代の男女を中心に幅広い層の客層から支持されており、2部作で興収50億円を見込めるスタートとなった。今まで明かされることのなかった数々の謎が解き明かされ、ついに当麻と瀬文に運命の時が訪れる。

 3位の『清須会議』(東宝)は累計動員180万人、累計興収22億円を突破した。

 ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンらベテラン俳優が、引退した元CIAの凄腕エージェントに扮したアクション・コメディのシリーズ第2弾『REDリターンズ』(ディズニー)が4位に初登場。全国409スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員16万7300人、興収1億8050万4600円をあげた。本作よりアンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホンが新たに加わり、世界を股に掛けた巨大な陰謀に立ち向かう。

 5位は『キャプテン・フィリップス』(ソニー)が初登場。全国471スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員11万2789人、興収1億2336万2900円をあげた。2009年ソマリア海域を航行中に海賊の襲撃に遭い、乗組員を守るため自ら人質となったマースク・アラバマ号の船長・リチャード・フィリップス原作のノンフィクションを映画化。フィリップス船長を演じるのは名優トム・ハンクス。アカデミー賞最有力との呼び声も高く、監禁された人質の恐怖と、それでもなお船長としての誇りを失わない男の心情を体現するトム・ハンクスの演技も注目されている。

最終更新日:2018-08-22 13:52:59

広告を非表示にするには