影踏み 作品情報

かげふみ

事件が事件を呼び醒す

影踏みのイメージ画像1
影踏みのイメージ画像2

単なる空き巣とは異なり、深夜に寝静まった民家に侵入し盗みを働く泥棒(通称:ノビ師)。その忍び込みの技術の巧みさ故に、警察から“ノビカベ”とあだ名されるほどのすご腕のノビ師・真壁修一は、ある深夜、県議会職員宅に忍び込み、偶然放火殺人未遂を目撃する。この事件をきっかけに、真壁がずっと心の奥底に押し込めていた20年前の事件の記憶が呼び醒まされる。そして彼を取り巻く運命の歯車が動き出す。

「影踏み」の解説

「64 ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の同名作を映画化。監督は『花戦さ』の篠原哲雄。主演を『8月のクリスマス』以来、約14年ぶりに長編映画の主演を務める山崎まさよし。篠原監督とは『月とキャベツ』以来、約22年ぶりのタッグとなる。(作品資料より)

影踏みのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月15日
キャスト 監督篠原哲雄
原作横山秀夫
出演山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海 鶴見辰吾 滝藤賢一 中村ゆり 中尾明慶 下條アトム 根岸季衣 大竹しのぶ
配給 東京テアトル
制作国 日本(2019)
上映時間 115分
公式サイト https://kagefumi-movie.jp/

(C)2019「影踏み」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「影踏み」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-18 15:00:07

広告を非表示にするには