ジョーカー 作品情報

じょーかー

バットマンの宿敵・ジョーカーは、いかにして生まれたか

ジョーカーのイメージ画像1
ジョーカーのイメージ画像2

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

「ジョーカー」の解説

「どんな時も笑顔で」そして「人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きていた孤独な男アーサー・フレックが、巨大な悪の存在・ジョーカーへ変貌していく様を描くエンターテイメント作品。これまでも様ざまな名優たちが演じてきたジョーカーを本作で演じるのは、3度のアカデミー賞ノミネート実績を持つホアキン・フェニックス。監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。(作品資料より)

ジョーカーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年10月4日
キャスト 監督トッド・フィリップス
出演ホアキン・フェニックス ロバート・デ・ニーロ
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2019)
年齢制限 R-15
上映時間 122分
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C)DC Comics”

手軽に動画で視聴する

関連作品を見る

ジョーカー

ダークナイト (字幕版)

※2020年2月18日時点の情報です。

DVD・ブルーレイ発売情報

ジョーカー ブルーレイ&DVDセット

ジョーカー ブルーレイ&DVDセットジャケット写真
発売日2020年1月29日
価格4,527円+税
発売元ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
販売元ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
型番1000757445


【特典】
ジョーカーが生まれるまで
新たなジョーカーとゴッサムを描く
撮影の舞台裏
狂気の記録

TM & (C)DC. Joker (C)2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI)Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.32点★★★★☆、43件の投稿があります。

P.N.「んげ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-10-13

アメコミファンから言わせて頂くと、この作品がジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーなどが積み上げて来た、今までのジョーカーの文脈からは相当外れていることは言うまでもありません。ジャレット・レトだって見た目は好きじゃないけど、「今までの」ジョーカーらしさを引き継いでいた。だから個人的にはがっかり度が高いです。

一つの作品としては素晴らしいと思います。
しかしこのストーリーの主人公をジョーカーにする意味があったのかといえば私の答えはノーです。
過去を悲しみで満たすという手法は使われすぎて、ノンフィクションならわかりますが、フィクションでは共感することもありません、鉄板ネタすぎてまたかよと思うだけです。
しかもジョーカーでそれをやるなよ、とすら思います。
バットマンの世界観でそういう脚本が書きたいなら、他のキャラでやってよ、と。

ホアキン・フェニックスの演技は本当に素晴らしいです。
ですが、ジョーカーにしてはあまりにも弱々しすぎます。
ヴィランとしてバットマンの対の存在になりそうにはとても見えません。ジョーカーの名前を借りただけという印象があまりにも強い作品です。

最終更新日:2020-10-23 00:10:48

広告を非表示にするには