ジョーカー 作品情報

じょーかー

バットマンの宿敵・ジョーカーは、いかにして生まれたか

ジョーカーのイメージ画像1
ジョーカーのイメージ画像2

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

「ジョーカー」の解説

「どんな時も笑顔で」そして「人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きていた孤独な男アーサー・フレックが、巨大な悪の存在・ジョーカーへ変貌していく様を描くエンターテイメント作品。これまでも様ざまな名優たちが演じてきたジョーカーを本作で演じるのは、3度のアカデミー賞ノミネート実績を持つホアキン・フェニックス。監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。(作品資料より)

ジョーカーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年10月4日
キャスト 監督トッド・フィリップス
出演ホアキン・フェニックス ロバート・デ・ニーロ
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2019)
年齢制限 R-15
上映時間 122分
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C)DC Comics”

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、20件の投稿があります。

P.N.「さかな」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-20

哀しみから哀しみにつながるストーリーであると腹をくくって鑑賞しましたが、とにかく主演ホアキンの演技力が圧巻でした。意味のないバイオレンスやシラけるシーンも一切なく、監督の力量にも感動です。登場人物が少なく物語も追いやすかった。沁み入る作品でした。

最終更新日:2019-10-22 16:00:03

広告を非表示にするには