うちの執事が言うことには 作品情報

うちのしつじがいうことには

名門・烏丸家にふりかかる陰謀の謎を解き明かす

うちの執事が言うことにはのイメージ画像1

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事…烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。

「うちの執事が言うことには」の解説

高里椎奈の人気ミステリー小説を映画化。主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎を演じるのは、King & Princeの永瀬廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑む。新執事・衣更月蒼馬役には、モデルとして活躍し、2016年より俳優活動を開始した清原翔。さらに大学生の企業家・赤目刻弥役をKing & Princeの神宮寺勇太が演じている。監督は『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』の久万真路。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年5月17日
キャスト 監督久万真路
原作高里椎奈
脚本青島武
出演永瀬廉 清原翔 神宮寺勇太 優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上淳 原日出子 吹越満 奥田瑛二
配給 東映
制作国 日本(2019)
公式サイト http://www.uchinoshitsuji.com/

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「れんれん大好き関西人」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-02-16

まだ特撮とコミックしか見てないけど、人見知りが激しくて、頭の回転は早いけど何でもすぐ悩んじゃうっていう内向的、非社交的な永瀬廉本人の性格と、主人公の花類の本来の性格が似てるから、どう演じてくれるか期待。
映画館の大画面で顔面国宝永瀬廉をず~~っと見られるだけでも嬉しい( ´艸`)


レビューを投稿する

「うちの執事が言うことには」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 15:05:20

広告を非表示にするには