2019年5月 第3週の映画ランキング

今週のランキングは、『コンフィデンスマンJP』(東宝)が土日2日間で動員28万4000人、興収3億8600万円をあげ初登場1位を獲得した!

集計日付:2019年5月18日~2018年5月19日

 今週の映画動員ランキングは、『コンフィデンスマンJP』(東宝)が土日2日間で動員28万4000人、興収3億8600万円をあげ初登場1位を獲得した。初日から3日間の累計では動員35万7000人、興収4億8000万円を突破するヒットスタートとなっている。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世の三人が個性あふれる信用詐欺師を演じ人気を博したTVドラマの劇場版で、お馴染の三人に加え、小手伸也、江口洋介らTVドラマ版のメンバーが再集結。さらに竹内結子、三浦春馬ら豪華俳優陣が共演。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの古沢良太がTVドラマ版に引き続き担当、同じくTVドラマ版を手掛けてきた田中亮が、本作で映画監督デビューを果たしている。

  先週1位を獲得した『名探偵ピカチュウ』(東宝)は、土日2日間で動員18万人、興収2億7600万円をあげるも2位に後退。しかしながら、累計興収は早くも19億円を突破している。3位には土日2日間で動員14万7000人、興収2億1000万円をあげた『キングダム』(東宝/ソニー)が浮上。累計興収は45億円を突破した。4位の『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』(東宝)は、累計で動員651万人、興収83億円を突破。最終興収82.5億円をあげた「シン・ゴジラ」を抜き、歴代興収60位まで順位を上げてきた。

  新作では、 シリーズ累計発行部数75万部を超える大人気ミステリー小説の実写映画化『うちの執事が言うことには』(東映)が6位に初登場。アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉が映画初主演を務めるほか、清原翔、神宮寺勇太らが共演。監督は「増山超能力師事務所 激情版は恋の味」の久万真路。

  佐伯泰英による人気時代小説を、松坂桃李主演で実写映画化した『居眠り磐音』(松竹)は7位にランクイン。共演は木村文乃、芳根京子、柄本佑ほか。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。

  キアヌ・リーヴス主演のSFアクション「レプリカズ」(ショウゲート)は10位のスタート。「蒼穹のファフナー」シリーズ最新作全12話から、1話~3話を劇場先行公開する『蒼穹のファフナー THE BEYOND』(ムービック)は惜しくも11位のスタートとなっている。

最終更新日:2019-05-28 23:48:17

広告を非表示にするには