Fukushima 50 作品情報

ふくしま50

東日本大震災時の福島第一原発事故を描く

Fukushima 50のイメージ画像1
Fukushima 50のイメージ画像2

2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震が発生。全てが想定外の大地震が引き起こした太平洋からの巨大津波は福島第一原子力発電所を襲う。全ての電源を失ったことで原子炉の冷却が不可能となり、原子炉建屋は次々に水素爆発を起こし、最悪の事態メルトダウンの時が迫りつつあった。1・2号機当直長の伊崎は次々に起こる不測の事態に対して第一線で厳しい決断を迫られる。所長の吉田は現場の指揮を執りつつ、状況を把握していない本社とのやり取りに奔走。緊急出動する自衛隊、そして“トモダチ作戦”の発動とともに米軍もついに動く。福島第一を放棄した場合、避難半径は250km、対象人口は5,000万人…その中で現場に残り続けた約50人の作業員を、海外メディアは“Fukushima 50”と呼んだ。

「Fukushima 50」の解説

90人以上の関係者の取材をもとに綴られた門田隆将渾身のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を映画化。福島第一原発1・2号機当直長の伊崎利夫役を佐藤浩市、福島第一原発所長の吉田昌郎役を渡辺謙が演じる。監督は社会派・骨太な作風に定評のある若松節朗。(作品資料より)

Fukushima 50のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月6日
キャスト 監督若松節朗
原作門田隆将
出演佐藤浩市 渡辺謙 吉岡秀隆 安田成美 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎
配給 松竹、KADOKAWA
制作国 日本(2020)
公式サイト https://www.fukushima50.jp/

(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

小説を読む

Fukushima 50

小説 Fukushima 50 (角川文庫)

※2020年3月10日時点の情報です。

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.6点★★★★☆、27件の投稿があります。

P.N.「アックス」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-03-25

だんだん終わりに進むに従って、涙がこみあげてきました。

当時、関東(埼玉県)でのほほんと、時にイライラしながら計画停電だなんだと文句を言いながら過ごしていた自分を思い出し、恥ずかしくなりました。

成人した息子に、「これまで支払った中で最高の1,300円(レイトショー料金)だった。日本人なら、見に行ってこい」と伝えました。

最終更新日:2020-03-28 16:00:03

広告を非表示にするには