キャプテン・マーベル 作品情報

きゃぷてんまーべる

アベンジャーズの原点となる女性ヒーロー

キャプテン・マーベルのイメージ画像1

1995年、クリー人とスクラル人との星間戦争が続く中、クリー人の特殊部隊スターフォースに所属するヴァースにはなぜか過去の記憶がなかった。そんな彼女は任務中にスクラル人に捕らえられてしまい、記憶の一部を探られてしまう。なんとか脱出したヴァースは地球に落下。追ってきたスクラル人の追跡をかわしながら、シールドの若きエージェント、フューリーと共に記憶をたどり空軍施設へ向かう。やがてヴァースは自分の過去を思い出し、戦いに挑む。

「キャプテン・マーベル」の解説

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第21作目は、「アベンジャーズ」結成以前の1995年が舞台。MCUの中では初の女性ヒーロー単独作品で、クリー人の特殊部隊の一員だったキャロル・ダンヴァースが地球で失われていた自分の記憶を取り戻し、能力を目覚めさすというもの。90年代のアクション映画や、その頃流行った“バディ(相棒)ムービー”の雰囲気が漂っており、若き日のフューリーとのやりとりも楽しい。激しいアクションもあるが全体的に、ユーモアを散りばめたマーベル映画らしい明るい作品だ。主人公キャプテン・マーベル=キャロル・ダンヴァースを演じるのは、『ルーム』でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。とにかく強くて格好いい。『アベンジャーズ/エンドゲーム』での参戦が楽しみだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年3月15日
キャスト 監督アンナ・ボーデン ライアン・フレック
出演ブリー・ラーソン ジュード・ロウ サミュエル・L・ジャクソン クラーク・グレッグ ベン・メンデルソーン
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 123分
公式サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

(C)Marvel Studios 2019

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「マーベルストーリー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-04-05

時代の変化の中、手を変え品を変え、生き続けるマーベル。これは、マーベルの記憶を巡るストーリーであり、魂から溢れ出すスピリットのストーリーである。それは、まさに、不屈の精神。様々な創造性を母性とするなら、ヒーローがヒロインとなるのは至極、自然。みんなの眠れる不屈の精神を思い出させる満点作を是非、楽しみたい。

最終更新日:2019-10-23 13:23:06

広告を非表示にするには