ゴジラ-1.0 作品情報

ごじらまいなすわん

ゴジラ-1.0のイメージ画像1

戦後、焦土と化した日本。敷島浩一(神木隆之介)は戦争から生還するも家族を失い、荒廃した町で同じく両親を亡くした大石典子(浜辺美波)と出会う。そんななか、謎の巨大生物が上陸。ゴジラと名付けられたその生物は、戦争で傷ついた日本をさらに破壊し尽くそうとする。残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか。

「ゴジラ-1.0」の解説

ゴジラ70周年記念作品、実写版30作目。舞台は戦後の日本。何もかもを失い、「無(ゼロ)」になった焦土に突如としてゴジラが上陸。その脅威的な力で日本を「負(マイナス)」に叩き落とそうとする。戦争を生き延びた人々の新たな闘いが始まる。監督・脚本・VFXは山崎貴。主演は神木隆之介、ヒロインに浜辺美波。第1作「ゴジラ」(1954年)と同じく11月3日に公開。山崎貴監督と白組のVFX技術が高く評価され、2024年3月11日(日本時間)、第96回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。日本映画の同部門受賞は史上初。

ゴジラ-1.0のイメージ画像1 ゴジラ-1.0のイメージ画像1 ゴジラ-1.0のイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2023年11月3日
キャスト 監督山崎貴
出演神木隆之介 浜辺美波 山田裕貴 青木崇高 吉岡秀隆 安藤サクラ 佐々木蔵之介 永谷咲笑 田中美央 遠藤雄弥 飯田基祐
配給 東宝
制作国 日本(2023)
上映時間 125分
公式サイト https://godzilla-movie2023.toho.co.jp/

(C)2023 TOHO CO.,LTD.

動画配信で映画を観よう! [PR]

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.11点★★★★☆、80件の投稿があります。

P.N.「arizona」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-05-13

アマゾンプライムで見ましたが、たいへん素晴らしい出来でした、ハリウッドに自慢できる出来で感動しました…が、それはCGの事で、ここまで大人の感性を納得させるリアルな演出(特撮部分)、日本のスタッフの技術は素晴らしいですね。反して人間の演技が学芸会みたいにりきんだ大袈裟なセリフと動作や表情で全てが稚拙でした、リアル表現に重きを置くアメリカによくに恥ずかしくなく出せたなと感じました。監督は演技指導があまり得意ではないようですね。もうだらだらとした作戦会議のような場面は時代遅れでしょう!

最終更新日:2024-05-23 16:00:02

広告を非表示にするには