のみとり侍 作品情報

のみとりざむらい

大人(こそ)が楽しめる痛快人情喜劇

のみとり侍のイメージ画像1
のみとり侍のイメージ画像2

越後長岡藩士小林寛之進は出世コースを邁進していたが、ある失言から藩主の逆鱗に触れ、左遷。猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋へ。そこには、甚兵衛と女房のお鈴、そして貧しい子供たちに読み書きを教える友之介がいた。環境に戸惑う寛之進の初めての客は、亡き妻・千鶴によく似た・おみね。運命的な出会いかと胸高鳴る寛之進であったが、彼女からは罵声を浴びせられる。猫の“蚤とり”とは、女性に奉仕する裏稼業だったのだ。

「のみとり侍」の解説

“蚤とり”とは、お客様の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐ仕事。しかしその実態は、女性に愛を奉仕する裏稼業―。綿密な時代考証の中にユーモアを交え、江戸時代の会を表現する歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短篇集「蚤とり侍」を原作に、『愛の流刑地』『後妻業の女』などを手掛けてきたベテラン、鶴橋康夫の監督・脚本によって映画化。藩士・小林寛之進は、エリート侍から転落しながらも、訪れる多難に立ち向かい、江戸のヒーローになっていく。そんな主人公を演じる阿部寛を筆頭に、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊といった個性的な面々が終結。可笑しくて、ちょっと下品な大人が楽しめる一級の喜劇。

のみとり侍のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年5月18日
キャスト 監督・脚本鶴橋康夫
原作小松重男
出演阿部寛 寺島しのぶ 豊川悦司 斎藤工 風間杜夫 大竹しのぶ 前田敦子 松重豊 桂文枝
配給 東宝
制作国 日本(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 110分
公式サイト http://nomitori.jp/

(C)2018「のみとり侍」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、5件の投稿があります。

P.N.「まぁ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-06-16

ちょっと思ってたようなのとは違いました。あと、おっぱいとか丸出しで、あれはちょっとかなりいい気がしませんね…AVっぽくて、男性は嬉しいかも知れませんが、女性にとっては観るに耐えない感じです。すごく気分悪かったです。映画でおっぱいを丸出しにするのは良くないと思います。


レビューを投稿する

「のみとり侍」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-14 13:16:17

広告を非表示にするには