続・兄弟仁義 作品情報

ぞくきょうだいじんぎ

村尾昭が脚本を執筆、コンビの山下耕作が監督した仁侠もの

大正初期である。渡世人桜井清次が上州伊勢崎の土木請負業者梅原利三郎の助っ人をするためやって来た。折しも利三郎は利根川護岸工事を博徒の親分岩佐時蔵に妨害され、縄張りをも狙われていたのである。利三郎に初めて会った清次は彼の侠気にすっかり惚れ、護岸工事に打ちこもうとする利三郎の心中を察すると、単身時蔵一家に殴り込んだ。しかし代貸龍吉を傷つけただけで取り押えられてしまった。

「続・兄弟仁義」の解説

「大陸流れ者」の村尾昭が脚本を執筆、コンビの山下耕作が監督した仁侠もの。撮影は「骨までしゃぶる」のわし尾元也。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山下耕作
出演夏北島三郎 里見浩太朗 村田英雄 大木実 小川知子 小松方正
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続・兄弟仁義」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:18

広告を非表示にするには