四月になれば彼女は 作品情報

しがつになればかのじょは

四月になれば彼女はのイメージ画像1

四月。精神科医の藤代俊(佐藤健)のもとに、かつての恋人・伊予田春(森七菜)から手紙が届く。“天空の鏡”と呼ばれるウユニ塩湖からの手紙には、十年前の初恋の記憶が記されていた。ウユニ、プラハ、アイスランド。その後も世界各地から届く春の手紙。その頃、藤代は婚約者の坂本弥生(長澤まさみ)と結婚の準備を進めていた。だが、弥生は“愛を終わらせない方法、それは何でしょう”という謎掛けだけを残して突然、姿を消す。春はなぜ手紙を書いてきたのか? 弥生はどこへ消えたのか? ふたつの謎は、やがて繋がっていき……。

「四月になれば彼女は」の解説

川村元気の同名小説を佐藤健主演で映画化したラブストーリー。婚約者・坂本弥生と結婚の準備を進める精神科医・藤代俊の元に、世界を旅する昔の恋人・伊予田春から手紙が届く。そしてある日、弥生が姿を消す。春と弥生、二つの謎はやがて繋がっていく……。共演は「ロストケア」の長澤まさみ、「君は放課後インソムニア」の森七菜。米津玄師、藤井風、宇多田ヒカルなどのミュージックビデオを手掛けてきた山田智和の長編映画監督デビュー作。

四月になれば彼女はのイメージ画像1 四月になれば彼女はのイメージ画像1 四月になれば彼女はのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2024年3月22日
キャスト 監督山田智和
原作川村元気
出演佐藤健 長澤まさみ 森七菜 仲野太賀 中島歩 河合優実 ともさかりえ 竹野内豊
配給 東宝
制作国 日本(2024)
上映時間 108分
公式サイト https://4gatsu-movie.toho.co.jp/

(C)2024「四月になれば彼女は」製作委員会

関連書籍を読む

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は (文春文庫)

  • Amazon
※2024年4月10日時点の情報です。

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-04-05

この映画を観て、とても感動した。これは何よりも永遠の命題について見事に追求しているからだ。あらためて人間、愛、人生について考えさせられた。長澤まさみさんと森七菜さんが出演されている。お二人ともあまりにも美しい。そして演技も素晴らしい。大好きだ。この映画を観ながら、桜を思い出した。桜には悲しい記憶がある。もう何十年も前のことだ。私の親戚の若い女性が急死した。とびっきりの美人だった。私は幼い頃、彼女と仲良くしていた。それだけにひじょうにショックだった。葬式の日、桜が満開だった。これはまた観たくなる作品だ。

最終更新日:2024-04-15 16:00:01

広告を非表示にするには