新・仁義なき戦い。 作品情報

しんじんぎなきたたかい

あのヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い』復活!

甲子男と在日韓国人の昌龍。二人は11歳のとき、ひょんなことからヤクザを一人殺してしまう。実際に手を下したのは昌龍。それから30年。門谷甲子男(豊川悦司)は大暴力団・左橋組の傘下、粟野組の幹部に収まっていた。おりしも左橋組長が跡目を決めることなく急死。四代目を継ぐべき若頭は病気を理由に辞退し、若頭補佐の粟野と中平の跡目を巡る内部後送が勃発する。その渦中で甲子男は、中平が企業舎弟にしようとする昌龍(布袋寅泰)と再会する。

「新・仁義なき戦い。」の解説

ヤクザ映画の原点にしてエポックメイキングな作品である『仁義なき戦い』がイメージを一新して登場。監督は『顔』でその力量を見せつけた阪本順治。主役には豊川悦司&布袋寅泰が扮し、岸部一徳、佐藤浩市、相川翔、村上淳らが絡む。昌龍役の布袋寅泰は、『サムライ・フィクション』に続き役者としての存在感をアピール。顔の怖さ、というか目つきの悪さはピカイチ。かつての『仁義~』とはイメージがまったく異なるが、俳優の気合いは充分に伝わってくる。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督阪本順治
出演豊川悦司 布袋寅泰 村上淳 岸部一徳 佐藤浩市 小沢仁志 哀川翔 余貴美子
制作国 日本(2000)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「新・仁義なき戦い。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-29 00:01:13

広告を非表示にするには