劇場版 アーヤと魔女 作品情報

げきじょうばんあーやとまじょ

孤児として育った10歳の少女・アーヤ(声:平澤宏々路)は、何でも思い通りになる子どもの家で、何不自由なく暮らしていた。そんなアーヤの前に現れたのは、ド派手な女ベラ・ヤーガ(声:寺島しのぶ)と、長身男マンドレーク(声:豊川悦司)という怪しげな二人組。そしてアーヤは、2人の家に引き取られることになる。“私は魔女だよ。あんたを連れてきたのは、手伝いが欲しかったからだ”と告げるベラ・ヤーガに、アーヤはこう返す。“おばさんが私に魔法を教えてくれるなら、おばさんの助手になってあげる”。こうして、魔法を教えてもらうことを条件に、助手として働き始めるアーヤ。だが、こき使われるばかりで、ひとつも魔法を教えてもらえない。生まれて初めて、周りが自分の思い通りにならない事態に直面したアーヤは、魔法の秘密を知る使い魔の黒猫・トーマス(声:濱田岳)の力を借り、反撃を開始するが……。

「劇場版 アーヤと魔女」の解説

『ハウルの動く城』のダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童小説を原作に、宮崎駿が企画を担当したスタジオジブリ初のフル3DCGアニメ。NHKで放送されたバージョンに新規カットを追加して劇場公開。魔女の家に引き取られた孤児の少女アーヤの奮闘を描く。声の出演は「水上のフライト」の平澤宏々路、「ヤクザと家族 The Family」の寺島しのぶ、「ミッドウェイ」の豊川悦司、「おらおらでひとりいぐも」の濱田岳。監督は「コクリコ坂から」の宮崎吾朗。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年8月27日
キャスト 監督宮崎吾朗
原作ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
出演(声)平澤宏々路 寺島しのぶ 豊川悦司 濱田岳
配給 東宝
制作国 日本(2020)
上映時間 82分
TV放映 2024年3月15日 日本テレビ 金曜ロードショー

(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

ユーザーレビュー

総合評価:1点☆☆☆☆、1件の投稿があります。

最終更新日:2024-07-20 11:00:01

広告を非表示にするには