2012年4月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、5週連続首位の『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー』を押さえ、『劇場版SPEC-天-』(東宝)が初登場1位を獲得!

集計日付:2012年4月7日~4月8日

 5週連続首位の『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー』を押さえ、『劇場版SPEC-天-』(東宝)が初登場1位を獲得。未解決事件にあたる捜査官コンビが、SPEC(特殊能力)を持った犯人たちと対峙する姿を描いた、戸田恵梨香&加瀬亮主演の人気ドラマの映画化。ドラマ版で演出を手掛けた堤幸彦監督がメガホンをとり、新キャストとして、栗山千明、伊藤淳史、浅野ゆう子らが参加。全国279スクリーンで公開され、土日2日間で動員35万1473人、興収4億6870万5300円となった。

  2位となった『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー』(東宝)は、累計成績が動員300万人、興収30億円を突破。3位『僕等がいた 前篇』(東宝/アスミック・エース)は累計動員150万人を突破した。

  4位には『タイタニック 3D』(FOX)が初登場。レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット主演で豪華客船タイタニック号沈没の悲劇を描き全世界で大ヒットを記録、アカデミー賞では11部門を受賞した1997年公開の超大作「タイタニック」を、ジェームズ・キャメロン監督自らが全編3D化。全国460スクリーンで公開され、動員5万971人、興収8692万5000円をあげた。

  また、本年度アカデミー賞作品賞含む主要5部門受賞の『アーティスト』(ギャガ)が7位にランクイン。映画がサイレントからトーキへと移行する、古き良きハリウッドの黄金期を舞台にしたラブストーリーを白黒&サイレントで描き上げる。

最終更新日:2018-08-22 13:50:27

広告を非表示にするには