生きててよかった 作品情報

いきててよかった

落ちぶれた元ボクサーが最強に!?

生きててよかったのイメージ画像1
生きててよかったのイメージ画像2

長年の闘いが体を蝕みドクターストップによって強制的に引退を迫られたボクサー・楠木創太は、闘いへの未練と執着を捨てきれぬ中、恋人との結婚を機に引退を決意する。新しい生活を築くために仕事に就くも、人生の大半をボクシングに捧げてきた創太は何をやってもうまくいかない上、社会にも馴染めず苦しい日々を過ごす。そんなある日、創太のファンだと名乗る謎の男から大金を賭けて戦う欲望うずめく地下格闘技へのオファーを受ける。一度だけの思いで誘いに乗った創太だったが、忘れかけた興奮が蘇り、再び闘いの世界にのめり込む。彼にとってその高揚感は何物にも代えがたいものだった。闘うことに憑りつかれた男の狂気と愚直なまでの生き様は果たして喜劇となるか悲劇となるか?今、再び闘いのゴングが鳴る…。

「生きててよかった」の解説

闘い続けることでしか生きる価値を見出せない元ボクサーの主人公を、自身もプロボクサーという経歴を持ち、『南京!南京!』『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』など中国を拠点に活躍する木幡竜が演じる格闘アクション。監督・脚本を務めたのは、『くそガキの告白』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞ほか4冠を獲得した鈴木太一。(作品資料より)

生きててよかったのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年5月13日
キャスト 監督・脚本鈴木太一
アクション監督園村健介
出演木幡竜 鎌滝恵利 今野浩喜 柳俊太郎 長井短 黒田大輔 渡辺紘文 三元雅芸 銀粉蝶 火野正平
配給 ハピネットファントム・スタジオ
制作国 日本(2022)
年齢制限 PG-12
上映時間 119分
公式サイト https://happinet-phantom.com/ikiteteyokatta/

(C)2022ハピネットファントム・スタジオ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「生きててよかった」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-05-20 20:00:06

広告を非表示にするには