生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事 作品情報

いきろしまだあきらせんちゅうさいごのおきなわけんちじ

その男は、死を覚悟して沖縄の地を踏んだ

生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事のイメージ画像1
生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事のイメージ画像2

太平洋戦争末期。すでに日本の敗色濃厚だった1945年1月31日、一人の男が沖縄の地を踏んだ。戦中最後の沖縄県知事となった島田叡である。前年の10月10日、米軍による沖縄大空襲によって那覇は壊滅的な打撃を受けた。内務省は新たな沖縄県知事として、当時大阪府の内政部長だった島田叡を任命。転勤辞令を受けた島田は家族を大阪に残し、ひとり那覇の飛行場に降り立ったのである。知事就任と同時に、島田は大規模な疎開促進、食料不足解消のため自ら台湾に飛び、大量のコメを確保するなど、さまざまな施策を断行。米軍が沖縄本島に上陸した後は、壕を移動しながら行政を続けた。だが、戦況の悪化に伴い、大勢の県民が戦闘に巻き込まれ、日々命を落としていく。また、島田自身も理不尽極まりない軍部からの要求と、行政官としての住民第一主義という信念の板挟みになり、苦渋の選択を迫られる…。

「生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事」の解説

沖縄戦を生き延びた住民たち、軍、県の関係者、その遺族への取材を通じ、これまで多くを語られることのなかった島田叡という人物の生涯と、語り継ぐべき沖縄戦の全貌に迫った長編ドキュメンタリー。監督は、『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』2部作で戦後沖縄史に切り込んだ佐古忠彦。(作品資料より)

生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年3月20日
キャスト 監督佐古忠彦
語り山根基世
配給 アーク・フィルムズ
制作国 日本(2021)
上映時間 118分
公式サイト http://ikiro.arc-films.co.jp/

(C)2021 映画『生きろ 島田叡』製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「身内に犠牲者」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-03-14

沖縄戦で南部に避難する途中で、祖父と長兄が米軍の機銃掃射と艦砲射撃で死んだと聞いています。
この映画はよくある戦争映画ではなく、ほとんど残酷な場面は出てきません。当時の動画や画像、証言を駆使して淡々と沖縄戦の実情を綴っています。しかし、途中でトイレに席を立つタイミングを見つけるのが難しいくらい、引き込まれました。知っている入ったことのある場所が次から次へと登場するからかもしれませんが。
ここで感じたのは、「遺骨混じりの土砂を基地建設に使うな」という問題です。まさにこの映画が取り上げている南部地域にその遺骨が埋まる場所はあるんです。
75年経っても浮かばれない犠牲者に手を合わせたい🙏

最終更新日:2021-05-13 09:41:40

広告を非表示にするには