ばるぼら 作品情報

ばるぼら

手塚治虫の大人向け漫画を初映像化

ばるぼらのイメージ画像1
ばるぼらのイメージ画像2

手塚治虫が1970年代に「ビッグコミック」に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様ざまなタブーに挑戦した大人向け漫画「ばるぼら」を、手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化。異常性欲に悩まされている耽美派小説家・美倉洋介を稲垣吾郎、芸術家のミューズであり自堕落な生活を送る謎の女・ばるぼらを二階堂ふみが演じる。監督は手塚治虫の実子であり『白痴』『ブラックキス』など独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞、撮影監督をウォン・カーウァイ監督作品などの映像美で知られるクリストファー・ドイルが務める。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月20日
キャスト 監督・編集手塚眞
原作手塚治虫
撮影監督クリストファー・ドイル 蔡高比
出演稲垣吾郎 二階堂ふみ 渋川清彦 石橋静河 美波 大谷亮平 ISSAY 片山萌美 渡辺えり
配給 イオンエンターテイメント
制作国 日本(2020)
年齢制限 R-15
上映時間 100分
公式サイト https://barbara-themovie.com/

(C)2019『ばるぼら』製作委員会

ばるぼらのイメージ画像3

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「あみん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-11-25

とても素晴らしい映画でした。主演の二人が熱演して魅せてくれたエロスの世界が実に素晴らしかった。ばるぼらと美倉先生の純愛にジーンと来てしまった。見る回数を重ねる毎に色々見えてくるものがある奥深い映画だと思う。
上映期間中に世界から素晴らしい賞がこの作品に贈られ本当に嬉しい。

最終更新日:2020-12-03 16:00:05

広告を非表示にするには