パピチャ 未来へのランウェイ 作品情報

ぱぴちゃみらいへのらんうぇい

わたしらしく、闘う。

パピチャ 未来へのランウェイのイメージ画像1
パピチャ 未来へのランウェイのイメージ画像2

1990年代、アルジェリア。ファッションデザインに夢中な大学生のネジュマは、ナイトクラブで自作のドレスを販売している。夢は、世界中の女性の服を作るデザイナーになること。だがイスラム原理主義の台頭によりテロが頻発する首都アルジェでは、ヒジャブの着用を強制するポスターがいたるところに貼られるように。従うことを拒むネジュマはある悲劇的な出来事をきっかけに、自分たちの自由と未来のため、立ちはだかる障害と死の匂いに屈せずに命がけでファッションショーを行うことを決意する…。

「パピチャ 未来へのランウェイ」の解説

アルジェリアで1991年に始まった内戦<暗黒の10年>を舞台に、イスラム原理主義による女性弾圧の真実を、ファッションデザイナーを夢見る少女の視点で瑞々しく描く。監督は、物語の舞台であるアルジェリアに17歳まで暮らし、本作が長編映画監督デビュー作となるムニア・メドゥール。タイトルの“パピチャ”とは、アルジェリアのスラングで“愉快で魅力的で常識にとらわれない自由な女性”という意味。(作品資料より)

パピチャ 未来へのランウェイのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年10月30日
キャスト 監督ムニア・メドゥール
出演リナ・クードリ シリン・ブティラ アミラ・イルダ・ドゥアウダ ザーラ・ドゥモンディ
配給 クロックワークス
制作国 フランス=アルジェリアほか(2019)
上映時間 109分
公式サイト http://papicha-movie.com/

(C)2019 HIGH SEA PRODUCTION - THE INK CONNECTION - TAYDA FILM - SCOPE PICTURES - TRIBUS P FILMS - JOUR2FETE - CREAMINAL - CALESON - CADC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「パピチャ 未来へのランウェイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-26 23:30:09

広告を非表示にするには