ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~ 作品情報

ひのまるそうるぶたいうらのえいゆうたち

栄光を影で支えた25人のテストジャンパーたち

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~のイメージ画像1
ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~のイメージ画像2

1998年長野五輪。日本スキージャンプチーム・通称“日の丸飛行隊”はラージヒル団体で日本初の金メダルを狙っていた。そこに、エース原田のジャンプを特別の想いで見守る男がいた。元日本代表・西方仁也。前回大会・リレハンメル五輪で西方は日本代表を牽引するも、エース原田のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓い、代表候補として有力視されながらも落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野五輪に参加して欲しいと依頼される。テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。西方は裏方に甘んじる屈辱を感じながらも、様々な思いを抱えて集まっていたテストジャンパーたちと準備に取り掛かる。そして、五輪本番。団体戦1本目のジャンプで、またしても原田が失敗。日本は4位に後退してしまう。しかも猛吹雪により競技が中断。このまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまう。そんな中、審判員の判断は「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」というものだった。

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」の解説

1998年長野五輪、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、悲願の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化。主人公・西方仁也役は「おっさんずラブ」シリーズ、「図書館戦争」シリーズの田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を、圧倒的な存在感と演技力で力強く演じる。監督は『荒川アンダーザブリッジ』で大きな注目を集め、様ざまな分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。(作品資料より)

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年5月7日
キャスト 監督飯塚健
出演田中圭 土屋太鳳 山田裕貴 眞栄田郷敦 小坂菜緒 落合モトキ 濱津隆之 古田新太
配給 東宝
制作国 日本(2020)
公式サイト https://hinomaru-soul.jp/

(C)2020映画「ヒノマルソウル」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-05 14:56:05

広告を非表示にするには