2021年6月 第3週の映画ランキング

今週のランキングは、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(松竹)が土日2日間で動員16万8000人、興収2億3300万円をあげ初登場1位を獲得!

集計日付:2021年6月19日~6月20日

 今週の動員ランキングは、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(松竹)が土日2日間で動員16万8000人、興収2億3300万円をあげ初登場1位を獲得。初日から3日間の累計では動員21万人を突破、興収3億円に迫る好スタートを切った。”今一番面白いマンガ”と称され、累計発行部数900万部を誇る南勝久による人気コミックを実写映画化しヒットした「ザ・ファブル」第2弾は、原作ファンから「一番泣けるエピソード」として知られる”宇津帆編” 。出演は岡田准一、木村文乃、平手友梨奈ほか。監督は前作に引き続き江口カンが務めている。

  『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(ワーナー)は土日2日間で動員12万人、興収1億7200万円をあげ2位をキープ。累計では動員104万人を突破、間もなく興収15億円に達する。

  先週4位でスタートを切った『キャラクター』(東宝)は土日2日間で動員10万1000人、興収1億4400万円をあげワンランクアップの3位となっている。

  新作では『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(東和ピクチャーズ)が6位にランクイン。音に反応して人類を襲う何かに怯えながら暮らす世界を描いたサスペンスホラーの第2弾。出演はエミリー・ブラント、キリアン・マーフィ、ミリセント・シモンズほか。監督は前作でブラントと夫婦共演も果たしたジョン・クラシンスキーが続投。

  1998年長野オリンピックスキージャンプ団体金メダル獲得の裏側で起きた感動の実話を実写映画化した『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』(東宝)は9位に初登場。出演は田中圭、土屋太鳳、山田裕貴ほか。監督は「FUNNY BUNNY」「ステップ」の飯塚健。

  この他新作では、1995年にも映画化された人気格闘ゲームを新たに実写化した『モータルコンバット』(ワーナー)が惜しくも圏外のスタートとなっている。

  既存作品では、先週14週目にして驚きの首位を飾った5位の『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(東宝/東映/カラー)が累計で動員611万人、興収93億円を突破し、歴代興収ランキング49位に。8位の『名探偵コナン 緋色の弾丸』(東宝)は累計で動員504万人、興収70億円を突破。こちらは歴代興収ランキング94位となっている。

最終更新日:2021-06-29 15:30:01

広告を非表示にするには