ミッドウェイ 作品情報

みっどうぇい

日米豪華俳優陣で贈る、ミッドウェイ海戦を題材にした戦争映画

ミッドウェイのイメージ画像1
ミッドウェイのイメージ画像2

日本軍の大将・山本五十六率いる山口多聞や南雲忠一の艦隊が真珠湾を壊滅させた激しい攻撃の後、エリートパイロットのディックと彼の隊は敵を追跡するよう戦艦エンタープライズの艦長ハルゼーより命を受ける。一方で、何としてでも日本軍を仕留めたいUS軍はニミッツ最高司令官とレイトン少佐が日本軍の戦略を分析していた。かくして、日米2か国の名誉をかけた激しい戦いが、次なる戦闘の地、ミッドウェイへと向けられる。お互いの戦況が変わる中、ディック率いる上空から攻撃をする戦闘機の空中戦と、山口艦長や南雲艦長率いる海上からの戦艦の砲撃の壮絶なる攻撃の応酬で、ミッドウェイでの勝利に対する両国の戦力と不屈の精神が試されていく。

「ミッドウェイ」の解説

真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描くスペクタクル超大作。実在した勇敢な軍人たちの同胞意識と友情、そして米国の勝利を確実なものにするための彼らの決意と犠牲が描かれる。アメリカ海軍の兵士たちを演じるのは、エド・スクラインやルーク・クラインタンクら若手俳優、そしてウディ・ハレルソン、デニス・クエイド、パトリック・ウィルソン等のベテラン俳優が名を連ねた。対する日本軍は、ハリウッド初出演作となる豊川悦司を始め、ハリウッド映画の常連である浅野忠信や、ワールドワイドに活躍中の國村隼が出演。監督は『インデペンデンス・デイ』『パトリオット』のローランド・エメリッヒ。(作品資料より)

ミッドウェイのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月11日
キャスト 監督ローランド・エメリッヒ
出演エド・スクライン パトリック・ウィルソン ウディ・ハレルソン マンディ・ムーア ルーク・エヴァンス 豊川悦司 浅野忠信 國村隼 デニス・クエイド
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 138分
公式サイト http://midway-movie.jp/

(C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.67点★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-09-16

これは観て正解だった作品。

面白いとか感動したとかは無し。
戦争とは何かを感じさせてくれた作品。

日本人とアメリカ人の双方の立場を上手く表現した展開が素晴らしい。

どっちが勝ったとか負けたと言うより、戦争が終わった時のホッとした感じが良い。

戦争シーンと人間ドラマ的な展開を交互に表現していて、その緩急するストーリーで飽きることも無し。

戦闘機が空母を攻撃するシーンの迫力が半端無い。
空母から放たれる弾丸の数が凄すぎ!
曳光弾の数からすると、その数倍の弾丸が飛び交っていると思うと恐ろしい。
雷撃機の乗務員の怖さのリアル感が凄すぎる。

人間ドラマの部分は登場人物が多過ぎて把握するのが困難だったのが残念(汗)

戦争は情報戦。
敵の暗号を解読して先手を取る事が勝利を導く感じ。
そして空母が戦争には不可欠なんだと思わせてくれた印象。
戦闘機の空中戦も生々しい。

メッセージ性のある作品に脱帽。

観賞後、何気にミッドウェー島をストリートビューで見たら鳥の多さが半端無かったのにはびっくり(笑)( ´∀`)

最終更新日:2020-09-22 11:00:03

広告を非表示にするには