嘘八百 作品情報

うそはっぴゃく

幻の「利休の茶器」をめぐって大騒動

嘘八百のイメージ画像1
嘘八百のイメージ画像2

大物狙いで空振りばかりの目利き古物商・小池則夫はラジオ占いを信じ、娘のいまりを連れて大阪は堺に、お宝を探しにやって来た。そこで出会ったのは、腕は立つが、落ちぶれてくすぶっていた陶芸家の野田佐輔。ある古美術店主と大御所鑑定士に一杯食わされた二人は結託。“幻の利休の茶器”を仕立て上げ、仕返しついでに一攫千金を目論む。ところがそれが、家族や仲間、大御所鑑定士、さらには文化庁までも巻き込む大騒動に発展し…。

「嘘八百」の解説

『百円の恋』で2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した武正晴監督と、脚本家の足立紳が再びタッグを組んだ本作は、千利休を生んだ茶の湯の聖地・堺を舞台に、うだつの上がらない古物商と陶芸家を中心に、“幻の利休の茶器”をめぐるだまし合いのバトルをユーモアたっぷりに描き出したコメディー。イカサマ古物商・則夫を演じる中井貴一と、落ちぶれた陶芸家・佐輔役の佐々木蔵之介との丁々発止のやり取りがこの上なく楽しい。前野朋哉、木下ほうか、友近、坂田利夫、塚地武雅、桂雀々といったキャラの濃い出演者たちが勢ぞろいし、畳み掛けるような掛け合いや愉快なてんやわんやは、笑わずにはいられない面白さ。

嘘八百のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月5日
キャスト 監督武正晴
出演中井貴一 佐々木蔵之介 友近 森川葵 前野朋哉 堀内敬子 坂田利夫 木下ほうか 塚地武雅 桂雀々 寺田農 芦屋小雁 近藤正臣
配給 ギャガ
制作国 日本(2018)
上映時間 105分
公式サイト http://gaga.ne.jp/uso800/

(C)2018「嘘八百」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.75点★★★☆、8件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-03-24

絶賛はしないが、面白く拝見できた。いくらなんでも…とツッコミ要素は沢山あります。ま、そこは低予算映画だ。サザビーズのオークションを題材にした映画ではない。『スティング』のようなどんでん返しがあるもんでもない。関西が舞台の映画だ。力抜いたとこがなけりゃ(笑)ラストのラストーエンディング・クレジットの最後であのシーンを入れてくれたことでひと安心。1度でも海外旅行をした経験のある者なら「ンなことできるわきゃねえだろう…」とピンと来るもんな。悪銭身に付かずだ!


レビューを投稿する

「嘘八百」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-04-22 00:01:02

広告を非表示にするには