BPM ビート・パー・ミニット 作品情報

びーぴーえむびーとぱーみにっと

若きエイズ活動家たちを描く感動作

BPM ビート・パー・ミニットのイメージ画像1
BPM ビート・パー・ミニットのイメージ画像2

1990年代初めのパリを舞台に、エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。監督は、第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』で第70回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ。本作は第70回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞と審査員特別グランプリを受賞している。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月24日
キャスト 監督・脚本ロバン・カンピヨ
出演ナウエル・ペレ・ビスカヤー アーノード・ヴァロワ アデル・エネル
配給 ファントム・フィルム
制作国 フランス(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 143分

(C)Celine Nieszawer

BPM ビート・パー・ミニットのイメージ画像3

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「BPM ビート・パー・ミニット」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-11 13:16:22

広告を非表示にするには