はなちゃんのみそ汁 作品情報

はなちゃんのみそしる

ベストセラー実話エッセイを映画化

はなちゃんのみそ汁のイメージ画像1

恋人との何不自由ない幸せを夢見ていた千恵はある日、乳がんを宣告される。見えない不安に怯える千恵に信吾は優しく寄り添いプロポーズをする、こうして2人は晴れて夫婦となった。抗がん剤治療の影響で卵巣機能が低下、出産をあきらめていた千恵だが、ある時妊娠していることが分かる。産むか産まないか……産むということはがんの再発リスクが高まり、自らの命が危険にさらされるということだった。周りの支えで命を懸けて産むことを決意し、はなを無事出産。しかしながら、家族3人、幸せな日々は長くは続かず、千恵を再び病魔が襲い残り少ない命を覚悟。私がいなくなってもはなが暮らしていけるようにと、千恵は鰹節を削って作るところから始めるみそ汁など料理や家事の大切さを教えはじめる。彼女たちのおいしくてあったかい、かけがえのない日々が続いていく。

「はなちゃんのみそ汁」の解説

がんでこの世を去った千恵、33歳。5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログを基にした同名エッセイを映画化。結婚、妊娠、出産と人生の転機をがんと闘い、食を大切に生きてきた千恵を演じるのは、広末涼子。明るくひたむきに支える夫・信吾を滝藤賢一。はなは、1,000人超の応募者から選ばれた演技経験ゼロの新星・赤松えみなが演じる。監督には、2013年キネマ旬報ベストテン日本映画第一位に輝いた『ペコロスの母に会いに行く』で脚本を担当した阿久根知昭が、本作でも脚本を務め初のメガホンを握る。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年1月9日
キャスト 監督・脚本阿久根知昭
出演広末涼子 滝藤賢一 鶴見辰吾 赤井英和 古谷一行 一青窈 紺野まひる 原田貴和子 春風ひとみ 遼河はるひ 赤松えみな 平泉成 木村理恵 北見敏之 高畑淳子
配給 東京テアトル
制作国 日本(2015)
上映時間 118分

(C)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.4点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-25

本編の舞台挨拶リポートを読むとエンドロールで流れた一青窈の唱う主題歌〈満点星〉の感動が又、蘇って来るんだ。はなちゃんこと赤松えみなの好演もヒロイン広末涼子や滝藤賢一等と共に絶品だった事も本編をより感動的な作品にしてるんだね?


レビューを投稿する

「はなちゃんのみそ汁」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 15:22:33

広告を非表示にするには