いとこ同志 作品情報

いとこどうし

田舎から受験のために上京した純情な青年と、都会育ちの青年を主人公に、恋愛をめぐって傷つきやすい青年期の心理を描いたドラマ

23歳のシャルルは法学士の試験を受けるためにパリにやってきて、同じ年のいとこポールの豪華なアパートに同居した。田舎ぐらしのシャルルと、何不自由ない都会生活を送るポール、生活環境の相違は二人の青年の性格をまるで別なものにしていた。旅のもようを母親に書き送る純真なシャルル、彼の子を宿したと泣きこんできた女を、仲間のクロビスに金をやって始末させるポール……。

「いとこ同志」の解説

脚本・監督ともにフランス映画界の新進クロード・シャブロル。撮影は「恋人たち」のアンリ・ドカエ、音楽はポール・ミスラキが担当。出演は「殺意の瞬間(1956)」のジェラール・ブラン、新人ジャン・クロード・ブリアリ、映画初出演のジュリエット・メニエル、クロード・セルヴァル、ミシェル・メリッツ等。製作クロード・シャブロル。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督クロード・シャブロル
出演ジェラール・ブラン ジャン・クロード・ブリアリ ジュリエット・メニエル クロード・セルヴァル
制作国 フランス(1959)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-06-29

そして,二人とも奔放でバンカラな大学生何だ…,純情と大人びた感情が入り交じりF・フェリーニ監督作品「甘い生活」見たいなデカダンスなモラトリアム生活も衝撃的な展開を孕んで暗然とした幕切れとなる!

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには