20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 作品情報

にじゅっせいきしょうねんさいしゅうしょうぼくらのはた

世紀のプロジェクト、ついに完結! “ともだち”の正体が明かされた時、ケンヂ、カンナ、オッチョらは…!?

「世界大統領」となった“ともだち”が、世界を支配する“ともだち歴3年”(西暦2017年)。殺人ウイルスが蔓延した東京はそびえたつ壁に包囲され、都民の行動は完全に制限されていた。そして“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と声明を発表。それは、その日時に新たな殺人ウイルスがばらまかれることを意味していた…。一方、ヨシツネ率いる反政府組織“ゲンジ一派”、武装蜂起を訴えるカンナ率いる強硬派“氷の女王一派”、そしてユキジとオッチョらは、それぞれ人類滅亡を回避する方法を水面下で模索していた。

「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」の解説

総製作費60億円、300名を超えるオールスターキャスト、1年間におよぶ長期撮影と、すべてがこれまでの邦画のスケールを突き破った世紀のプロジェクトが、遂に完結する。“血のおおみそか”事件から、ケンヂはなぜ行方不明だったのか? キーパーソンとなるケンヂの姉・キリコは、今どこで何を? そして“ともだち”とは、いったい誰なのか…!? すべての謎が矢継ぎ早に明かされ、第1章から積み重ねられてきたエピソードが次々と繋がっていく。特にこれまでの大芝居のカラクリがあばかれ、メッキがはがれると同時に明らかになっていく“ともだち”の素顔は見どころだ。ハリウッド映画にありがちな単純な勧善懲悪で、ただ“ともだち”を断罪するのではなく、ケンヂ、オッチョらが彼と向き合うラストも深みがあり、切ない。またエンドロール後に10分間のスペシャル映像があるので、絶対に最後まで席を立たないで!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月29日
キャスト 監督堤幸彦
原作浦沢直樹
出演唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 平愛梨 香川照之 石塚英彦 宮迫博之 藤木直人 古田新太 森山未來 小池栄子 黒木瞳
配給 東宝
制作国 日本(2009)

(C)1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 (C)2009 映画「20世紀少年」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.7点★★★☆、56件の投稿があります。

P.N.「ホークス大好きさん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-28

この映画は、いままで見た中で、一番楽しかった。\(^o^)/


レビューを投稿する

「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-12 13:15:04

広告を非表示にするには