美女と野獣(’46) 作品情報

びじょとやじゅう

詩人ジャン・コクトーが描く、ファンタジー

美女と野獣(’46)のイメージ画像1

昔、年老いた商人がいた。末娘のベルは美しく優しい娘で、いつも意地悪の二人の姉にいじめられていた。彼女は腕白な兄の友達アヴナンから求婚されていたが、父の世話をするために拒んでいた。父は自分の船が沈んだので破産を覚悟していたが、その一せきが無事入港したと聞いて喜んだ。二人の姉は宝石や衣しょうをお土産にねだったが、ベルは唯バラの花が欲しいといった。父が港に着いてみると船は債権者に押収されてしまい止むなく夜道を馬に乗って帰って来る途中、何時の間にか道を踏み迷ってこれまで見たことも聞いたこともない荒れ果てた古城に行き当った。

「美女と野獣(’46)」の解説

詩人ジャン・コクトーがシネマへその触手を伸ばして来るであろうことは当然考えられていたことだが、どんなジャンルにその触手を伸ばしてもコクトーでなければならない功績を残している彼がシネマの世界へ何をもらたすか、これが最も興味深い所であった。これまでに彼がシネマに関係した作品は四本あるが、第四作の「美女と野獣」では台本だけでなく演出までやっている。題材は十八世紀のありふれたおとぎばなしであり、彼自身巻頭タイトルに自筆で「世界は今あらゆるものを破壊し去ろうと熱中しているが、おとぎばなしが天国へ寝そべったまま連れて行ってくれたあの少年時代の信頼感と素直さとを取りもどしたい」という意味のことを述べてはいるが、何事も一筋なわでは行かぬコクトーのことである。この映画で彼が何を描写しようとしたか、これを探し出すことは誠に津々たる興味をそそるものである。美術のクリスチャン・ベラアル、作曲のジョルジュ・オーリックその他一流のスタッフの一丸となって創り出した交響詩的なニュアンスは旧来の映画にはなかった香気を充満させている。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ジャン・コクトー
出演ジャン・マレー ジョゼット・デイ マルセル・アンドレ ミシェル・オークレール ミラ・パレリー ナーヌ・ジェルモン
制作国 フランス(1946)

(C)1946 SNC (GROUPE M6)Comité Cocteau

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-02-19

そしてデイズニーのミュージカル映画の実写版の映画「美女と野獣」の何ともcolorfulな魔術的世界を視ていると、詩人ジャン・コクトー演出の本編の様なモノクロームで静謐な作品が想い出されるんだ…。classicの本編には勿論,最新版のCG技術は未だ無いものの伝統歌舞伎の隈取りの魅力とかラストの飛翔シーンとか色々と工夫が凝らされててねえ~?

最終更新日:2019-11-15 13:22:46

広告を非表示にするには