コラテラル 作品情報

こらてらる

夜のLAに危険なトム・クルーズが放たれる! 緊張感みなぎるアクション・スリラー

コラテラルのイメージ画像1

夜の大都会ロサンゼルス。タクシードライバーのマックスは、空港でクールないでたちのビジネスマンを拾う。男はヴィンセントと名乗り、多額のチップと引き替えに、マックスに一晩の専属運転手を依頼する。最初の目的地で事件は起こった。ヴィンセントが建物に消えて数分後、マックスの頭上に死体が降ってきたのだ。驚きに言葉を失うマックス。車に戻ったヴィンセントは、自分が組織に雇われた殺し屋であることを明かし、死体をトランクに詰んで次のターゲットの元に向かうよう命じる。2人の長く危険な夜がはじまった…。

「コラテラル」の解説

世界最高のスター、トム・クルーズが銀髪に不精ひげという風貌で、従来のイメージを覆す悪役を演じたクライム・スリラー。夜の大都会の片隅に、狙った獲物は逃さないプロの殺し屋と、その巻き添え=コラテラルとなるタクシー運転手が出会ったとき、互いの人生を削り合う壮絶なドラマが浮かび上がる。監督は骨太な男性映画の名手、マイケル・マン。

特撮やギミックに頼らず、あくまでも生身の人間を正攻法で捉えるマン・タッチは今作でも健在。わずか一夜の出来事によって人生を大きく変えてゆく2人の男の対立と葛藤を、フィルム・ノワールの手法を借りながら、緊張みなぎるスリラーにまとめ上げている。場面によって多彩な表情を見せるロサンゼルスの夜景もドラマティック。凝縮されたプロットと男のプライドほとばしるドラマに、熱く酔いしれたい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年10月30日
キャスト 製作・監督マイケル・マン
脚本スチュアート・ビーティー
出演トム・クルーズ ジェイミー・フォックス ジェイダ・ピンケット=スミス マーク・ラファロ ピーター・バーグ ブルース・マッギル
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 120分

TM & (C)2004 Paramount Pictures. TM & (C)2004 Dreamworks L.L.C. [Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-19

以前ヘンリー・フォンダが悪役を務める西部劇を観た事が在ったがトム・クルーズの本編の悪役も決まって居るんだぜ。二枚目がイメージを崩し兼ねないと避けられがちだが演じ手として遣り甲斐の有るのが悪役だと云う…。マイケル・マン監督のロスの真夜中の恐怖感は堪らない…。確かに正攻法でグイグイ押して来る演出手腕は研ぎ澄まされてる。活動写真の原点は逃走劇だから?


レビューを投稿する

「コラテラル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-19 13:16:36

広告を非表示にするには