自殺サークル 作品情報

じさつさーくる

次々と増えていく自殺者の数。ネットに潜む謎が巻き起こす、衝撃のホラー・ミステリー。

いつもと変わらない帰宅ラッシュの新宿駅。この日、女子高生54人が手をつないでホームから飛び降りた。同じ頃病院では看護婦の投身自殺が起こり、黒田刑事(石橋凌)は事件性を疑う。警察には、自殺者に関係したインターネットのサイトについてタレこみが入っていた。2日後、学校の屋上から高校生が集団で飛び降りる事件が起こる。増え続ける事件の裏には、ネットに潜む謎の集団の存在があった。そしてこの謎は、自殺を食い止めようとする黒田にも降りかかっていく。

「自殺サークル」の解説

駅のホームに横一列に並んだ女子高生。表情は明るく、普段と変わりないおしゃべりを続けていた彼女たちが突然、「せーの」で突っ走ってくる電車に飛び込んでいく…。そんな“激”恐ろしい冒頭のシーンはまさにホラーだ。この衝撃を引きずったまま、物語はさらに不可解な闇へと突き進んでいく。

見えない相手に翻弄され、いつしか動かされている自分に気づくときの恐ろしさ。事件をひとつひとつ解明しているようで追いつめられていく緊張感が、最初から最後までピンと張り詰める。不特定多数に発信される情報化社会で誰ともなしに送られてくる狂信的なメッセージに、ひょっとしたら現実社会も簡単に陥るのかもしれない、と背筋に冷たいものが走る。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年3月9日
キャスト 監督園子温
出演石橋凌 永瀬正敏
配給 アースライズ
制作国 日本(2001)

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ハナモモ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-03-18

正直面白いとは言いがたい作品でした。園子温作品なので期待しましたが、内容も意味があまり分からない。。。。女子高生がプラットホームに飛び込む集団自殺シーンはインパクトありましたけど。。。。

最終更新日:2018-03-23 16:00:06

広告を非表示にするには