ナラタージュ 作品情報

ならたーじゅ

大学2年生の春。泉(有村架純)のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山(松本潤)から電話が入る。それは、後輩のために卒業公演に参加してくれないかという誘いだった。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた恩師でもあった。卒業式の日の葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。だが二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻・美雪(市川実日子)の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、そんな折、ある事件が起こる……。

「ナラタージュ」の解説

島本理生の同名恋愛小説を原作に、松本潤×有村架純の共演で「ピンクとグレー」の行定勲監督が映画化。高校教師と生徒として出会った葉山と泉。卒業式の日の葉山とのある思い出を心に封印した泉だったが、1年後の再会を機に抑えていた感情が呼び覚まされ……。脚本を「ジムノペディに乱れる」の堀泉杏、音楽を「今度は愛妻家」のめいなCo.が担当。「君と100回目の恋」の坂口健太郎、「シン・ゴジラ」の市川実日子、「合葬」の瀬戸康史が脇を固める。

島本理生の同名恋愛小説を原作に、松本潤×有村架純の共演で「ピンクとグレー」の行定勲監督が映画化。高校教師と生徒として出会った葉山と泉。卒業式の日の葉山とのある思い出を心に封印した泉だったが、1年後の再会を機に抑えていた感情が呼び覚まされる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年10月7日
キャスト 監督行定勲
原作島本理生
出演松本潤 有村架純 坂口健太郎 瀬戸康史 市川実日子 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地
配給 東宝 アスミック・エース
制作国 日本(2017)
上映時間 140分

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

ナラタージュのロケ地

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:4.13点★★★★☆、83件の投稿があります。

P.N.「まい」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-07-04

人を好きになるのは、苦しくて、つらくて、思い通りに行かなくて、でも好きで、自分の感情もままならない。スクリーンを通して感じる、水の中にいるような息苦しい静寂が、恋愛の渦中の苦しさのようで胸が詰まる。正直もう二度と思い出したくない醜さ、汚さ、激情。けれど、そんな全てを抱きしめ包み込んでくれる作品。エンドロールの主題歌は救いだった。この感想さえ嫌悪する人がいるだろうと思うほど賛否きっぱり分かれる映画だと思う。私はほんとうに好きな映画。これからもふとした時にひとりで観たくなるだろう。

最終更新日:2022-07-26 11:03:23

広告を非表示にするには