神様のカルテ 作品情報

かみさまのかるて

美しい自然に囲まれた信州の一地方都市・松本。勤務5年目の青年内科医・栗原一止(櫻井翔)は、医師が不足しながらも“24時間、365日対応”で大勢の患者を抱える本庄病院に勤めている。この小さな病院では専門外の診療をしたり、働き詰めで睡眠が取れなかったりすることが日常茶飯事。それでも一止は、クールな先輩外科医・砂山次郎(要潤)、有能で美人の救急外来看護師長・外村静枝(吉瀬美智子)、同期の冷静沈着な病棟主任看護師・東西直美(池脇千鶴)、新人看護師・水無陽子(朝倉あき)、曲者上司・貫田誠太郎(柄本明)らと共に厳しい地方医療の現実と向き合いながら、同じアパート“御嶽荘”に住む大家兼絵の描けない画家・男爵(原田泰造)、博学な大学生・学士(岡田義徳)との語らい、そして何よりも最愛の妻・榛名(宮崎あおい)との心温まるひとときに日々の疲れを癒しながら激務を凌いでいた。そんな折、一止は母校の医局を通じ大学病院に勤めないかと誘われる。「良い医者」になる為の最先端医療が学べる医局。しかし、一止の前には本庄病院にやってくる大勢の患者がいる。悩む一止だったが、ある日、彼の前に大学病院から「あとは好きなことをして過ごして下さい」と見放された末期ガン患者・安曇雪乃(加賀まりこ)が現れる。もう医学ではどうしようもない安曇であったが、何故か一止を頼ってやってきた。そんな彼女と触れ合う中で一止は、命を救うこととは、人を救うということとは、という医者としての在り方、人間としての在り方を見つめ直していく。一に止まると書いて「正しい」と読むその名の通り、一止は惑い苦悩した時こそきちんと立ち止まって考える。そして、一止はまた歩き始めるためにある決断を下す……。

「神様のカルテ」の解説

夏川草介の同名小説を「白夜行」の深川栄洋監督が映画化。信州の病院で働く若い内科医が友人、同僚、上司、患者、そして愛する妻の支えで医師として、人間として成長していく姿を描く。出演は「ヤッターマン」の櫻井翔、「オカンの嫁入り」の宮崎あおい、「さよなら夏休み」の要潤、「ランウェイ・ビート」の吉瀬美智子。

櫻井翔と宮﨑あおいを主演に迎え、夏川草介の小説を映画化したヒューマン・ドラマ。医師不足に悩む地方病院で働く内科医の夫と彼を支えるカメラマンの妻。その固い絆を、さまざまな患者たちとの出会いと別れを交えてハートフルに映していく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年8月27日
キャスト 監督深川栄洋
原作夏川草介
出演櫻井翔 宮崎あおい 要潤 吉瀬美智子 岡田義徳 朝倉あき 原田泰造 西岡徳馬 池脇千鶴 加賀まりこ 柄本明 中山卓也
配給 東宝
制作国 日本(2011)
上映時間 128分

神様のカルテのロケ地

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.7点★★★☆、24件の投稿があります。

P.N.「原作を読んでから」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2011-10-19

登場人物のキャラ設定が原作と違っていたような気がします。そのせいもありだいぶ原作とは違う印象の作品になっていたと思います。安曇さんの手紙を見つけるのは一止であってほしかったです!忙しい中でも1人の患者の約束を忘れない一止の優しさがあっての感動の遺言。だから遺言の内容ががらりと変わっていたのは非常に残念でした。だから原作とは離れてひとつの作品として見ればとても良いものでした

最終更新日:2024-05-28 10:51:40

広告を非表示にするには