アカデミー賞2022ノミネート

第94回アカデミー賞のノミネーション作品一覧をご紹介。作品賞は『コーダ あいのうた』が受賞!作品賞の他に助演男優賞、脚色賞も受賞し、合わせて3冠を達成した。
最多ノミネートは11部門12ノミネートされた『パワー・オブ・ザ・ドッグ』でしたが、最多受賞は技術面が光った『DUNE/デューン 砂の惑星』が6部門で受賞した。4部門にノミネートされていた日本の作品『ドライブ・マイ・カー』は国際長編映画賞に輝きました。

作品賞

作品賞を受賞したのは『コーダ あいのうた』!

長編アニメーション賞

長編アニメーション賞を受賞したのは『ミラベルと魔法だらけの家』!

その他、『フリー(原題)』『ミッチェル家とマシンの反乱』がノミネート

監督賞

監督賞を受賞したのは『パワー・オブ・ザ・ドッグ』よりジェーン・カンピオン氏!

主演男優賞

主演男優賞を受賞したのは『ドリームプラン』よりウィル・スミス氏!

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』よりベネディクト・カンバーバッチ、『ドリームプラン』よりウィル・スミス、『tick tick... BOOM!:チック、チック...ブーン!』からアンドリュー・ガーフィールド、『マクベス』からデンゼル・ワシントンがノミネート。その他ノミネートは、『愛すべき夫妻の秘密』からハビエル・バルデム。

主演女優賞

主演女優賞を受賞したのは『タミー・フェイの瞳』よりジェシカ・チャステイン氏!

『スペンサー ダイアナの決意』よりクリステン・スチュワート、『ロスト・ドーター』からオリヴィア・コールマンがノミネート。その他ノミネートは、『タミー・フェイの瞳』からジェシカ・チャステイン、『パラレル・マザーズ(原題)』からペネロペ・クルス、『愛すべき夫妻の秘密』からニコール・キッドマン。

助演男優賞

助演男優賞を受賞したのは『コーダ あいのうた』よりトロイ・コッツァー氏!

『ベルファスト』よりキアラン・ハインズ、『コーダ あいのうた』よりトロイ・コッツァー、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』よりジェシー・プレモンス、コディ・スミット=マクフィーがノミネート。その他ノミネートは、『愛すべき夫妻の秘密』からJ・K・シモンズ。

助演女優賞

助演女優賞を受賞したのは『ウエスト・サイド・ストーリー』のアリアナ・デボーズ氏!

『ベルファスト』よりジュディ・デンチ、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』よりキルステン・ダンスト、『ドリームプラン』よりアーンジャニュー・エリスがノミネート、『ロスト・ドーター』よりジェシー・バックリー、『ウエスト・サイド・ストーリー』よりアリアナ・デボーズ。

脚本賞

脚本賞を受賞したのは『ベルファスト』(ケネス・ブラナー氏)!

その他、『ザ・ワースト・パーソン・イン・ザ・ワールド(原題)』がノミネート

脚色賞

脚色賞を受賞したのは『コーダ あいのうた』(シアン・ヘダー氏)!

撮影賞・美術賞

撮影賞、美術賞を受賞したのは共に『DUNE/デューン 砂の惑星』!全く同一の作品がノミネートされた撮影賞・美術賞でしたが、どちらの賞も『DUNE/デューン 砂の惑星』が勝ち取りました。

編集賞

編集賞を受賞したのは『DUNE/デューン 砂の惑星』(ジョー・ウォーカー氏)!

歌曲賞

歌曲賞(主題歌賞)を受賞したのは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』“No Time To Die”!

『ドリームプラン』“Be Alive”、『ミラベルと魔法だらけの家』“Dos Oruguitas”、『ベルファスト』“Down To Joy”、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』“No Time To Die”。 その他、『フォー・グッド・デイズ(原題)』より“Somehow You Do”がノミネート

作曲賞

作曲賞を受賞したのは『DUNE/デューン 砂の惑星』よりハンス・ジマー氏!

その他、『パラレル・マザーズ(原題)』がノミネート

音響賞

音響賞を受賞したのは『DUNE/デューン 砂の惑星』!

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したのは『タミー・フェイの瞳』!

その他、『星の王子ニューヨークへ行く2』『タミー・フェイの瞳』がノミネート

衣装デザイン賞

衣装デザイン賞を受賞したのは『クルエラ』!

視覚効果賞

視覚効果賞を受賞したのは『DUNE/デューン 砂の惑星』!

短編アニメーション賞は『アフェアズ・オブ・ジ・アート(原題)』『ベスティア(原題)』『ボクシングバレー』『ことりのロビン』『ザ・ウィンドシールド・ワイパー(原題)』がノミネートされ、『ザ・ウィンドシールド・ワイパー(原題)』が受賞。
短編ドキュメンタリー賞は『オーディブル:鼓動を響かせて』『私の帰る場所』『ザ・クイーン・オブ・バスケットボール(原題)』『ベナジルに捧げる3つの歌』『ホエン・ウィ・ワー・バリーズ(原題)』がノミネートし、『ザ・クイーン・オブ・バスケットボール(原題)』が受賞。
短編実写映画賞は『アラ・カシュ(原題)』『ザ・ドレス(英題)』『ザ・ロング・グッドバイ(原題)』『プリーズ・ホールド(原題)』『オン・マイ・マインド(原題)』がノミネートされ、『ザ・ロング・グッドバイ(原題)』が受賞。
長編ドキュメンタリー賞は『アセンション(原題)』『アッティカ(原題)』『フリー(原題)』『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』『ライティング・ウィズ・ファイア(原題)』がノミネートし、『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』が受賞。
国際長編映画賞には『ドライブ・マイ・カー』『フリー(原題)』『ブータン 山の教室』『Hand of God -神の手が触れた日-』『ザ・ワースト・パーソン・イン・ザ・ワールド(原題)』がノミネート、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が受賞しました!

最終更新日:2022-03-28 17:37:26

広告を非表示にするには