茜色に焼かれる 作品情報

あかねいろにやかれる

悪い冗談みたいなことばかり起きるこの世界で生きる

茜色に焼かれるのイメージ画像1

一組の母と息子がいる。7年前、理不尽な交通事故で夫を亡くした母子。母の名前は田中良子。彼女は昔演劇に傾倒しており、お芝居が上手だ。中学生の息子・純平をひとりで育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。経営していたカフェはコロナ禍で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。数年振りに会った同級生にはふられた。社会的弱者…それがなんだというのだ。そう、この全てが良子の人生を熱くしていくのだから。はたして、彼女たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは?

「茜色に焼かれる」の解説

弱者ほど生きにくいこの時代に翻弄されている一組の母子が、もがきながらも懸命に生きようとする様を描くドラマ作品。母親・田中良子を演じるのは尾野真千子。厳しい社会を生き抜く母親を驚くべき存在感で体現している。13歳の息子・純平を演じるのは、『ミックス。』などに出演する次世代の注目株・和田庵。監督は『舟を編む』『ぼくたちの家族』の石井裕也。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年5月21日
キャスト 監督・脚本・編集石井裕也
出演尾野真千子 和田庵 片山友希 オダギリジョー 永瀬正敏 大塚ヒロタ 芹澤興人 前田亜季 笠原秀幸 鶴見辰吾 嶋田久作
配給 フィルムランド
制作国 日本(2021)
年齢制限 R-15
備考 TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて
公式サイト https://akaneiro-movie.com/

(C)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「茜色に焼かれる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-09 00:10:32

広告を非表示にするには