ヒトラーに盗られたうさぎ 作品情報

ひとらーにとられたうさぎ

絵本作家の実体験をもとにした小説の映画化

ヒトラーに盗られたうさぎのイメージ画像1
ヒトラーに盗られたうさぎのイメージ画像2

1933年、ベルリンで両親と兄と暮らす9歳のアンナは、父と母が深刻な話をしている姿を見る。ユダヤ人で演劇批評家の父はナチスやヒトラーをラジオで批判しており、次の選挙でナチスが勝てば弾圧を受けることがわかっていた。アンナは大好きなピンクのウサギのぬいぐるみを置き、家族と共にスイスへの列車に乗り込む。アンナの一家の亡命生活が始まった。ベルリンの家が恋しいアンナだが、状況は悪くなるばかりだった。

「ヒトラーに盗られたうさぎ」の解説

原作は、ドイツ出身の絵本作家であるジュディス・カーが自分の体験をもとに書いた児童文学「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」。それを映画化したのは、2001年に『名もなきアフリカの地で』でアカデミー外国語映画賞を受賞したドイツ人監督のカロリーヌ・リンクだ。時代は1933年。すでにヒトラーにより基本的人権は停止されていたが、3月の選挙でナチスが第1党になれば、父親は強制収容所に送られるのは明白だった。しかしそんな大人の事情は、子供にはわからない。スイス、そしてパリと次々と環境が変わるのもストレスになる。しかし辛いことばかりではない。新しい友達ができ、現地の言葉を覚え、環境に早く順応していくのも子供なのだ。アンナの父親を演じるのは、『帰ってきたヒトラー』でヒトラー役を演じたオリヴァー・マスッチ。

ヒトラーに盗られたうさぎのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月27日
キャスト 監督カロリーヌ・リンク
出演リーヴァ・クリマロフスキ オリヴァー・マスッチ カーラ・ジュリ
配給 彩プロ
制作国 ドイツ(2019)
上映時間 119分
公式サイト https://pinkrabbit.ayapro.ne.jp/

(C)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH / NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヒトラーに盗られたうさぎ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-06 00:01:02

広告を非表示にするには