マーティン・エデン 作品情報

まーてぃんえでん

ジャック・ロンドンの自伝的巨編の映画化

マーティン・エデンのイメージ画像1
マーティン・エデンのイメージ画像2

イタリア・ナポリの労働者階級出身のマーティンが優雅なブルジョワの“高嶺の花”エレナに恋したことから作家を目指す。マーティンは、独学で書き始め夢に向かい一心不乱に文学にのめり込むが、生活は困窮し、何度も落選の憂き目にあう。だが、徐々に認められるようになり、幾多の障壁と挫折を乗り越えてついに名声と富を手にする。だが、名声を得るものの、お互いの階級の違いからエレナとはうまくいかず、別れの時が来てしまう…。

「マーティン・エデン」の解説

アメリカン・ドリームの体現者であり、冒険小説で一世を風靡した作家ジャック・ロンドン。ついにその波乱万丈な生きざまを元に生み出された自伝的巨編が、イタリア、ナポリ出身の新鋭ピエトロ・マルチェッロの手によって映画として蘇った。舞台は原作の20世紀初頭のアメリカ西海岸オークランドから、イタリア、ナポリへ移された。主人公マーティン・エデンを演じるのは、イタリアを代表する俳優の1人、ルカ・マリネッリ。本作の演技により、2019年ヴェネツィア国際映画祭で見事男優賞に輝いた。監督は、ドキュメンタリーとフィクションの領域を自由に行き交う手法を駆使、あえて厳密な時代設定を避けて時空を超えた普遍的な物語として語ってみせた。

マーティン・エデンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月18日
キャスト 監督ピエトロ・マルチェッロ
原作ジャック・ロンドン
出演ルカ・マリネッリ ジェシカ・クレッシー デニーズ・サルディスコ ヴィンチェンツォ・ネモラート カルロ・チェッキ
配給 ミモザフィルムズ
制作国 イタリア=フランス=ドイツ(2019)
上映時間 129分
公式サイト http://martineden-movie.com/

(c)2019 AVVENTUROSA - IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ナポリの海に抱かられて」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-01

本来のアメリカから、イタリアに舞台を移し、独特の映像美で、カゲロウのように儚く、懐かしく、ホームビデオのように、昔話を回想するが如く。

知性とは、何か?

その人間の内に芽生える炎。

希望を与え、行く道を照らす灯り。

ただ、いつの間にか、知識に囚われて、破滅へと向かう。

どんなに知識と教養を
積み重ねても、ホンモノの知性には、及ばない。

何故ならば、知性は、希望であり、行く先を明るく照らす光であるから。

渡り鳥、ツバメが、エデンに、たどり着いのか?

『海の上のピアニスト』の逆バージョンとして、対比して鑑賞すると面白い。

ジャックロンドンが、心と精神を病んだ片隅に日本人への想いもあったと思うと何だか、不思議な廻り合わせです。

最終更新日:2021-03-01 23:30:04

広告を非表示にするには