エンド・オブ・ステイツ 作品情報

えんどおぶすていつ

今度は自分が容疑者に!大ヒットシリーズ第3弾

エンド・オブ・ステイツのイメージ画像1
エンド・オブ・ステイツのイメージ画像2

かつて二度も未曾有のテロ事件から世界を救ったシークレット・サービスのマイク・バニング。しかし長年の激務は彼の身体を蝕んでいた。引退を考えるバニングだが、ある日、休暇中の大統領に多数のドローンが攻撃を仕かけてくる。かろうじて大統領を守ったバニングだが、昏睡から目覚めると大統領暗殺未遂の容疑者として拘束されていた。バニングは身の潔白を証明し、陰謀を暴くために逃亡。敵だけでなく味方からも追われる事に。

「エンド・オブ・ステイツ」の解説

『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』に続く、凄腕シークレット・サービスのマイク・バニングが活躍するシリーズ第3弾。アメリカでは公開されると、根強いファンに支えられて初登場1位という大ヒットを記録。ジェラルド・バトラー扮するバニングが今回警護しているのは、前2作ではまだ副大統領だった大統領トランブル。敵の陰謀を暴こうとするバニングだが、今回は容疑者として追われる身なので、誰にも助けを求められない。まさに孤立無援の戦いだ。大統領を襲うドローン攻撃、トラックとパトカーのカーチェイス、そして病院での攻防戦など見どころはたくさん。また、シリーズをずっと見ていれば、おなじみの登場人物の再登場もうれしいだろう。さらに今回はニック・ノルティ扮する、バニングの父親も登場する。バニングの引退はまだまだ先になる事だろう。

エンド・オブ・ステイツのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月15日
キャスト 監督リック・ローマン・ウォー
出演ジェラルド・バトラー モーガン・フリーマン ジェイダ・ピンケット=スミス ニック・ノルティ
配給 クロックワークス
制作国 アメリカ(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 121分
備考 新宿バルト9ほか全国にて
公式サイト http://end-of-states.com/

(C)2019 Fallen Productions, Inc.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「エンド・オブ・ステイツ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 00:30:10

広告を非表示にするには