Red('20) 作品情報

れっど

直木賞作家による問題作が新たな恋愛映画に

Red('20)のイメージ画像1
Red('20)のイメージ画像2

一流商社に勤務する夫、かわいい娘、そして夫の両親とともに郊外の瀟洒な一軒家に同居する塔子。とあるパーティーで10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田に再会する。鞍田は塔子に自分の勤める会社への就職を勧め、塔子は夫を説得しそこに勤めるようになる。鞍田はずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていき、2人は親密になっていく。しかし、鞍田には“秘密”があった。そして、誰も想像しなかった塔子の“決断”とは…。

「Red('20)」の解説

島本理生の同名小説の映画化。運命の恋に落ちる2人、主人公・塔子を夏帆、塔子の昔の男・鞍田を妻夫木聡がドラマティックに演じる。塔子を「いい妻、いい母」の枠に閉じ込めようとする夫は間宮祥太郎がエモーショナルに演じ、塔子と鞍田を結びつける役割を果たす塔子の同僚・小鷹は柄本祐が軽やかに演じる。ほか、塔子の母に余貴美子など。メガホンを取るのは、『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微を鋭く描き出した三島有紀子監督。大雪の中に佇む男女のシーンから始まるが、現在と過去を交錯させながら、驚くようなラストシーンを迎える。ラストは小説と変えているが、正しくなくても自分に正直に生きる主人公の姿を描きたかったという。

Red('20)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年2月21日
キャスト 監督三島有紀子
原作島本理生
出演夏帆 妻夫木聡 柄本祐 間宮祥太郎 片岡礼子 酒向芳 山本郁子 浅野和之 余貴美子
配給 日活
制作国 日本(2020)
年齢制限 R-15
上映時間 123分
公式サイト https://redmovie.jp/

(C)2020『Red』製作委員会

手軽に動画で視聴する

原作を読む

Red('20)

Red(島本理生)

※2020年2月7日時点の情報です。

DVD・ブルーレイ発売情報

Red

Redジャケット写真
発売日2020年10月2日
価格3,800円+税
発売元ポニーキャニオン
販売元ポニーキャニオン
型番PCBP-54337


【特典】
予告編集

(C)2020『Red』製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.36点★★★☆、14件の投稿があります。

P.N.「Pink haru」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-06-30

久しぶりに観たいと思った映画でした。
原作も読んでいたので、まずはラストはこっちの方が良かったと思いました。思い描いていた現実感よりも映像が綺麗で、二人の心が開いていく様子がたまらなく、いとおしかったです。
どこかで忘れかけていた正直な気持ちを思い出させてくれたような、心がキュンキュン疼きました。私にとってはとても素敵ないい映画でした。

最終更新日:2020-09-30 13:25:53

広告を非表示にするには